COY13/COP23派遣記~日本の一若者として~

Facebooktwittergoogle_plusmail


○自己紹介

松本健太。あだ名はまっつん。創価大学国際教養学部三年。大学では国際政治を専攻していて、特に難民問題に関心があります。



 

-参加の目的

今回私は主に次の二つの目的を持ってCOP23に参加しました。

一点目に、開催国であるドイツの取り組みを自身の目で確かめることです。環境に関する記事や本を読む中で、度々紹介される環境先進国・ドイツの取り組みに関心を寄せていました。また、私のメインテーマである難民問題に対しても積極的な姿勢を貫いてきたドイツは、私にとって憧れの国でした。COP23に参加する中でドイツの取り組みや熱量を肌で感じたい、との思いが参加を決めた一番の理由でした。

二点目に、世界中から集まる活動家たちと繋がり、彼らから学ぶことです。これまでのCOP派遣の様子について伺う中で、ユニークな発想で様々な活動を展開している海外ユースのお話をたくさん耳にしました。そういったユースと関わって彼らの情熱や柔軟な思考から学びたいと思い、COPの場では特にネットワーキングに注力しました。

-主な活動

開催4日目の11月9日に韓国パビリオンで行われたシンポジウムで日本ユース代表としてプレゼンテーションする機会をいただき、日本のNDCとユースの想い・活動について発表しました。少し緊張しましたが、終了後に多くの方から堂々と発表できていたとお褒めの言葉をいただき、無事成功で終えることができました。また、海外ユースと交流する中で身近な場所でも応用できそうな取り組みを学ぶことができました。あるヨーロッパの大学生は、化石燃料に扮した学生と教授の格好をした学生を一本の糸で繋ぎ、各先生方に切ってもらうよう呼びかける化石燃料からのダイベストメント・キャンペーンを行い、大学の投資撤退を取り付けました。こうした積極的で創造性に溢れた取り組みは、今後キャンペーンなどを企画する上で非常に参考になると感じています。

-これからの自分

今後の取り組みとして、まずは今回の派遣で学んだことを身近な友人など、現時点であまり気候変動に関心を持っていない人たちに共有していきたいです。現地で様々な専門を持った参加者とお話しする中で、政府へのアドボカシーやイベントの企画運営などの大規模な取り組みだけでなく、身近な人々に語るといった地道な努力こそ気候変動に対する意識啓発に重要なのだと気づかされました。問題意識を持った仲間を増やしていく中で行動を起こし、若者の声を大きくしていきたいです。環境問題に限らず、今の日本には若者が政治参画する機会も積極的に声を上げる若者の数も少ないと思うので、海外ユースから学んだ熱い想いや主張する姿勢を広げていきます。

今回様々なトピックのサイドイベントに参加する中で、自身のキャリアを考え直すいい機会にもなりました。大学院でどの分野を専攻するか迷っていた私でしたが、登壇者の方々から得た知識をもとに思索する中で、公衆衛生という自身の関心に最も合致した分野に出会うことができました。これからも卒業論文での研究などを通して自身の見識を深め、地球環境と人々の強制移動という二つの大きな問題に保健・衛生の分野から寄与できる自分に成長していきます。

Climate Youth Japan
Twitter: https://twitter.com/ClimateYouthJp(アカウント @ClimateYouthJp)
HomePage: http://climateyouthjapan.org

【終了しました!・イベント】政策ワークショップin仙台 新たなる地域のカタチ~防災とエネルギー~

Facebooktwittergoogle_plusmail

【イベントは終了しました】
ワークショップの様子を報告書としてまとめたので、ぜひご覧ください。
  ワークショップ報告書:PDF [1.2MB]

政策ワークショップin仙台 

新たなる地域のカタチ~防災とエネルギー~

bandicam 2016-02-04 13-15-59-377
ダウンロードワークショップポスター(PDF)

☆はじめに★
昨年12月にCOP21(第21回国連気候変動枠組条約締約国会議)において、「パリ協定」が合意され、京都議定書以来、十数年ぶりに国際的な枠組が取り決められ、これからどのように日本をはじめ、各国で温室効果ガスの排出削減における目標達成の実施に向かっていくのかが注目されています。

そんな中、私たちClimate Youth Japan では、青年による気候変動問題に関する議論・活動の更なる活発化を目指し、
9月には、「青年による環境政策コンペティション」を開催する予定です。
政策課題に関する議論の場を設けることで、青年たちが自分たちの意見を形成し、青年ならではのアイデアをより広く社会に発信していくことを期待しています。

このイベントは、このコンペに先立ちまして政策立案の手法や現状の社会の課題を一緒に考えていく場にしたいと思っています。ぜひ、皆様にご参加いただければと思います!

☆概要★
【日時】2016年2月14日(日)13:30~16:50
【場所】仙都会館 (http://www.sentokaikan.co.jp/access/)
JR仙台駅 徒歩5分/JR仙石線 あおば通駅 徒歩1分/地下鉄 広瀬通駅 徒歩3分
【主催】Climate Youth Japan(CYJ)
※この活動は平成27年度地球環境基金の支援を受けて開催しております。

【イベント概要】
東北地域ならではの防災政策を若者の目線から考えてみませんか? 昨今話題となっている地球温暖化や気候変動問題ですが、「詳しいことはよく分からない…」なんて人も多いのではないでしょうか。国際交渉や国の政策は具体的なイメージが湧きにくくなることもあると思います。そこで本イベントでは、地域にフォーカスした政策としての切り口から気候変動問題を取り上げます。

実際に仙台市環境企画課の職員の方と東北地域で先進的な取り組みをされている大学教授の方をお招きし、実際に東北地域で「自然エネルギーを軸にした東北地域の防災政策」というテーマで、防災という取り組みに気候変動対策という視点を加えた新たな政策を若者で集い、一緒に考えてみませんか?

【タイムテーブル】
13:30~14:00 イベント趣旨説明、CYJ紹介
14:00~14:50 テーマトーク
14:50~15:00 休憩
15:00~16:20 グループワーク
16:20~16:40 まとめ
16:40~16:50 閉会・諸連絡

※テーマトーク
金久保 美喜 氏  ( 仙台市 環境企画課)
「仙台市の地球温暖化対策について」

三浦 秀一 氏  ( 東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科 教授)
「森のエネルギーによる地域の自立戦略」

【お問い合わせ】
Climate Youth Japanウェブサイト http://climateyouthjapan.org/
メールアドレス:climateyouthjapan@gmail.com

Conference of Youth11 Tokyo2015 END!!

Facebooktwittergoogle_plusmail

12299366_718651878278825_1741766550051674233_n

11月26日~28日に東京の国立青少年オリンピックセンターにて、Conference of Youth11 Tokyo2015が開催されました。(CYJ 広報)

Conference of Youth(COY)は、国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)に合わせて開催される、世界中のユースが気候変動をテーマに集う国際イベントであります。今年はCOP21の開催地であるフランス・パリで、COY11が11月26~28日の3日間に渡り開催されました。その中で、COP21は気候変動交渉の中で特別重要な年であり、COY事務局の呼びかけで世界9都市で開催となりました。

世界のCOY(COY11 Tokyo WEBサイトより)

パリ(フランス)、モントリオール(カナダ)、フロリアノーポリス (ブラジル)、アンタナナリボ (マダガスカル)、ラバト(モロッコ)、アボメ・カラディ (ベナン)、ヌメア (ニューカレドニア)、アフマダーバード (インド)、東京(日本)がCOY11の開催都市となりました。世界15か国から約70名のユースが集ったCOY11 Tokyoでは、「東アジアからの提案」を売りとしたプログラムに関心が高まっているようでした。

12278712_717131835097496_8328381075624879499_n

初日から最終日にかけグループワークによるマニフェスト作成が行われました。
ワーク中は原則使用する言語は英語であったが、白熱した議論が展開されました。
photo by Shuhei Komori

12278658_717131668430846_9194970993037175263_n

プログラムの中ではワーク間にポスター発表セッションを設けるなど、知識の共有も双方向による対話が重視されました。
photo by Shuhei Komori

12241664_717131895097490_1135036409667749963_n

実行委員会打ち合わせ中のワンショット、2ヵ月間本当にお疲れ様でした。
photo by Shuhei Komori

12278842_471286493059777_5762605246362610687_n

集合写真、達成感が伝わる1枚です。
photo by Mizuki OKumura

12299323_471286506393109_3403501569613961772_n

COY11 Tokyoの参加者で、アースパレードにも参加しました!
photo by CYJ media Team

COY11 Tokyoを終えて・・・

「COYを無事に開催出来てほっとしている。」(実行委員会共同代表 西田)
「もっとやりたいことは夢のようにあったわけですが、今回東アジア独自の提案書が書けたことはよかった。」(CommunicationWG統括 井関)
12308678_1252321124783531_8067428107979651922_n
COY11 Tokyoを終えた瞬間の写真。(中央:西田、右隣:井関)
photo by Mizuki OKumura

~~CYJ広報より・今後の展望~~

今年は東アジアで初のCOY開催を無事成功できたことが、何よりも大きな一歩だったのではないか?と考えています。
今までAYCNが組織され以降、中々大人数が集う気候変動のイベントを東アジアで企画することは難しかったが、その課題をクリアできたことは、
今後のアジア間のネットワーク強化の中で大きい仕事であったと言えます。
同時にこの機会を継続するために、東アジアの都市が順番にCOYを開催することが求められます。
 気候変動枠組条約をめぐる、今後のアジアユースの動きに注目です。

【COY11 Tokyoを実現するために、プロジェクトを立ち上げました!】

Facebooktwittergoogle_plusmail

【COY11 Tokyoを実現するために、プロジェクトを立ち上げました!】
https://readyfor.jp/projects/coy11tokyo

現在CYJ/ COY11 Tokyo実行委員会では、COY11 Tokyoを企画しています。
そして今回、本企画実施のためにクラウドファンディングをスタートしました!

目標金額は10万円、12月16日23:00まで支援の募集を行います。
===========================
★気候変動問題に向き合う国際ユースイベントを東京で開催したい!★
https://readyfor.jp/projects/coy11tokyo
===========================

87075b8fa8351e58f51912160b0bcaa6cff6ac43
クラウドファンディングとはインターネット上で行う資金調達の仕組みです。
インターネットを通じてたくさんの人々に少額の資金提供を呼びかけ、
目標額に100%まで到達した場合のみ、そのプロジェクトの実行が決定するというものです。
公開期間終了までに目標金額が集まらないと1円も入らない仕組みとなっております。

私たち(またはCYJ)は今回、11月26日~28日に東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターにて、東アジアを中心とした各国ユースを集め、
気候変動問題・COP21に向けて気運を高めるためのユース会議”Conference of Youth 11 Tokyo 2015 (COY11 Tokyo)”を実行しようとしています。
今回で11回目となるCOYですが、今年はCOP開催地のパリだけでなく世界の各地域で行うという史上初の試みをしており、
私たち(またはCYJ)は東アジアを代表して、日夜世界中のユースと連携を取りながら企画準備を進めています。本企画はすでに海外から30名以上の申込を受け付けており(11月14日時点)、気候変動に強い関心を持ち、COY11 Tokyoに参加したいと思っているユースが沢山います。

そうした熱い思いを持ったユースが集まり交流することで、互いに刺激を与えあい、個々の成長およびユースによる活動の促進につながると確信しています。
(COY11 Tokyo HP: http://tokyo.coy11.org/jp/)

このプロジェクトをより多くの方に知っていただくために、
ぜひ「シェア」や「いいね!」で拡散していただけないでしょうか。
みなさんの応援が、力になります。
どうかご協力よろしくお願いします!