11/21 環境×政策ワークショップ@京都開催のお知らせ

Facebooktwittergoogle_plusmail

環境×政策ワークショップ@京都

環境と政策のつながりを知ろう
〜青年が政策立案する意義とは?環境・気候変動問題にどう関われる?〜




イベントフライヤー(こちらからダウンロード)

今年11月末よりパリで開催されるCOP21では、気候変動の解決に向けた新たな国際枠組みが合意される予定です。私達CYJでは、青年による気候変動問題に関する議論・活動の更なる活発化を目指し、「青年による環境政策コンペ」を開催予定です(2016年夏頃)。政策課題に関する議論の場を設けることで、青年のアイデアをより広く社会に発信していくことを期待しています。

コンペ開催に先立ち、今年度は全国3箇所(京都・仙台・名古屋)でイベントを開催していきます。第1回目となる今回は、風間規男同志社大学政策学部教授をお招きし、政策立案の手法を学習すると共に、学生が政策提案をする意義について考えていきます。
<日時>
2015年11月21日(土)10:00~15:00
<場所>
同志社大学 今出川校地 新町キャンパス 臨光館 R306教室
※烏丸線「今出川」駅から徒歩10分
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/shinmachi.html
<主催>
Climate Youth Japan(CYJ)
※この活動は平成27年度地球環境基金の支援を受けて開催しております。<br>
<イベント概要>

※第1部に関しましては、諸般の都合により、中止となりました。ご迷惑をおかけし、深くお詫びを申し上げます。なお、第2部は引き続き開催を致します。

第1部 ~講演~
10:10~10:40「若者の気候変動問題についての関わり方」 吉岡渚氏 (京都大学4回生・CYJ代表)
10:40~11:40「政策立案のプロセスと学生が政策を提案する意義」 風間規男氏 (同志社大学政策学部 教授)
(11:40~13:00 休憩:昼食)
第2部
13:00~15:00
若者立案による政策を題材とした討論 並びに
トーク・セッション「若者が環境政策に参画する可能性と課題-政策立案を通じて-」

<参加申込みフォーム>
http://goo.gl/forms/58a7OEHpxb
※途中での入退場も可能となっております。
<お問い合わせ>
Climate Youth Japanウェブサイト http://climateyouthjapan.org/
メールアドレス:climateyouthjapan@gmail.com

【締切11月20日】COY11 Tokyo (11/26~28) 開催告知

Facebooktwittergoogle_plusmail

Get connected. Change your future.

-世界の未来を共につくる3日間-

11182121_1147141195313527_7194326697992758234_n チラシをダウンロード

We Are Ready Now! ー未来へ向けて動き出そう!ー  

 The Conference of Youth (COY)は、気候変動問題に関心を持つ世界各国のユースが集う国際的なイベントです。2005年のCOP11以降、UNFCCC(国際気候変動枠組条約)事務局公認のYOUNGOを始めとする様々なユース団体の協力によって、毎年COPの開催国にて開催されてきました。今年はCOP21開催国のパリにて、COY11が開催されます。

Get connected. Change your future. ー世界の未来を共につくる3日間ー  

 COY開催11回目となる今年は「COY11 is everywhere」のテーマのもと、史上初の試みとして世界の各地域でLocal COYが開催されます。そしてこの東アジアでは、東京が開催都市となりました。上記のスローガンは、気候変動問題の解決のため大きな連帯が必要であることから、「つながること」をコンセプトに作成されました。 COP21では、「気温上昇2℃未満」の達成へ向け、世界規模での法的枠組みの採択が目指されています。

 しかし、各国が提示する自主的目標では不十分と言われています。この問題の解決には、世代や国・分野を越えた連帯が必要不可欠です。 将来の社会について真剣に考えている人、漠然と世界の未来に不安を感じている人、パリまでは行けないけれど国際社会の動きに強い関心がある人-全てのユースのためにCOY11 Tokyoがあります。 まずは将来の世界を生きるユース世代から連帯を作っていきましょう。

 そのために、東アジアの同世代の仲間と共に学び、議論し、そして世界の未来を共につくる三日間を過ごしませんか?

【COY11 Tokyoのポイント】 

東アジア諸国から多様なバックグラウンドを持つ参加者が集まる国際的な環境で、気候変動をテーマに世界の未来について考える機会です。

【開催概要】

企画名:Conference of Youth 11 Tokyo 2015

主催:Climate Youth Japan/ COY11 Tokyo実行委員会

期間:2015年11月26日 (木) ~ 2015年11月28日(土)

対象:日本および東アジア地域に住む18~30歳の若者

場所:国立オリンピック記念青少年総合センター( http://nyc.niye.go.jp/category/access/

小田急線参宮橋駅徒歩7分/ 東京メトロ千代田線代々木公園駅徒歩13分

【プログラム】 ワークショップ、他のCOYとの中継セッション、ゲストスピーチ、アースパレードへの参加など ※詳細は下記のHPにてお知らせします。

【参加費】

3日間:4000円
2日間:3000円
1日間:1500円 

※参加費に食費は含まれておりません。また、遠方からのご参加で、宿泊をご希望される方はお問い合わせください。

【申込方法】  以下のリンク先ページ下部にある「Register For COY11 Tokyo」からお申し込みください。 http://tokyo.coy11.org/en/participate/

【申込締切】 11/20(金)23:59(日本時間)

【お問い合わせ】

Eメール: coy11tokyo@gmail.com

HP: http://tokyo.coy11.org/jp/

Facebookページ: https://www.facebook.com/coy11tokyo

みなさまのご参加をスタッフ一同お待ちしております。

 

header header_logo_j

Local COY11-Tokyo 実行委員会発足

Facebooktwittergoogle_plusmail

“Conference of Youth (COY)11-Tokyo 2015”を実現する仲間を大募集!

日本、そして世界のユースと、私たちの未来を左右する気候変動問題について語り合い、解決に向けたアクションをする場を一緒につくりあげませんか?

****************************************************************
2015年11月末からフランス・パリでは国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)が開催され、2020年以降の気候変動対策の国際的な枠組みが決まる予定です。それに先駆けて、パリでは3日間Conference of Youth (COY)11が開かれ、世界中から集まった約5000人の若者がワークショップ・討論・アートなどの企画を通じて、気候変動問題解決に向けたユースの結束力を高めます。

パリ・・・
遠い。高い。行ってみたいけど行けない。

そんなあなた。諦めるのはまだ早い!
今年は例年とは違い、パリ現地でのCOY11に加え、世界の各地域で”Local COY”を開催するという試みがなされます。東アジア地域では、ここ日本・東京で、東アジアのユースのためのLocal COYー ”COY11-Tokyo 2015”ーが開催されることが決定しました。
※Local COYについてのウェブページ:http://coy11.org/en/decentralize/


しかし、この大きなイベントを、あと約2ヶ月という短い時間で実現するためには多くの人の力が必要です。
COY史上初の試みの中で、どんなLocal COYを日本で作り上げるかー
少しでも興味を持たれた方、実行委員会メンバーとして、一緒にCOY11-Tokyoをつくりあげませんか?

>COY11-Tokyoとは?
Who? 参加者: 18~30歳の日本人ユースや留学生、他の東アジア地域からのユースなど
What? パリや世界中のCOYとの中継対話・ワークショップ・講演・COP21に向けたメッセージ作り・アースパレード参加(11/28)などを通して気候変動問題について考え、意見を交換し、行動する
Where? 東京(開催施設および宿泊場所は検討中)
When? 11/26(木)〜11/28(土)
Why? より多くのユースが気候変動問題について考え、解決のために発信・行動するため


>実行委員会とは?
実行委員会では、メンバーがプログラム企画、ロジスティクス、広報、会計等の担当に分かれ、COY11-Tokyoを企画・運営します。担当および役割の詳細内容についてはメンバー内で話し合い、決める予定です。事務局はClimate Youth Japanが担当します。

※Climate Youth Japan(CYJ)は、2010年に気候変動問題に高い関心を持って活動しているユースによって設立されたネットワーク型NGOです。政策提言やイベントの企画・開催、海外ユースとの交流、国際会議(COP)派遣事業などの活動をしています。http://climateyouthjapan.org/

>実行委員会メンバーに求めるもの
・気候変動問題への興味・関心
・COY11-Tokyoを実現したい!気候変動問題解決のために何かしたい!という気持ち
・責任感を持って自分の役割を果たし、チームワークを大切にする姿勢
・周りに自らコミュニケーションを取りに行く積極性

基本的に語学力や気候変動に関する知識は問いませんが、あるに越したことはありません。また、これまでにイベントの企画・運営経験のある方は大歓迎です!実行委員会メンバーは、COY11-Tokyo開催に向けた企画準備とイベント自体で活躍します。

****************************************************************
少しでも興味を持って下さった方は、10月3日(土)18~20時に新宿・賢者屋フリースペースで行われる実行委員会説明会&発足ミーティングに是非ご参加ください!
参加を希望される方、また、参加できなくても実行委員会に関心のある方は、以下のURLからgoogle formへのご記入をお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/12p_IH4E3YGschJUhHel962u_wb9aQUVv-CNGReD6Tj0/viewform

ご質問はcyjcop21@gmail.comまで、気軽にご連絡ください。
仲間と一緒にCOY11-Tokyoを作り上げてみたい!という思いを持たれた方のご参画を、事務局CYJ一同、心よりお待ちしております。

模擬COP21開催のお知らせ

Facebooktwittergoogle_plusmail

スライド1

日本模擬COPは2015年11月にパリで開催れる気候変動枠組条約のCOP21を模した国際会議です。2015年5月末にパリ政府支援・パリ政治学院主導の下で斬新な新手法を導入した上で大成功したのを受け、8月末に日本で開催する運びとなりました。

Philosophy -フィロソフィー

COP21は深刻化する地球温暖化問題を解決に導くため、2020年に発効させる新たな国際的枠組みを採択し、世界をあげて同問題に取り組む対策を決める会議であり、いよいよ「国際的駆け引き」が本格化してきました。その中、日本は原発停止などの要因から排出ガス削減目標の提出時期が世界の主要国より遅れるのは確実です。日本が国際社会に受け入れられるような目標を提示できなければ、COP21に向けて世界の目が厳しさを増す懸念は高まり、1997年のCOP3における「京都議定書」で勝ち取った「地球環境先進国」という評価を返上せざるを得ない場面が予想されます。日本はまさに「国際交渉の正念場」を迎えていると認識すべき段階にある点を片時も忘れてはなりません。

今回の模擬COP開催にあたっての私たち企画者の思い、それは私たち若者世代が将来的に環境問題を解決しなければならないことを認識・共有し、そのための一大ムーブメントを起こしたいということです。そのために、 日本の大学生が環境問題に関して議論することを通して、地球環境の最重要課題(気候変動)に対しての危機感を抱くこと。実際に議論を行う事で、環境問題に関する議論の難しさを知ってもらい、さらにそこから、自分たちで新しい交渉の方法を導き出すこと。気候変動を和らげる方法を自分達なりに模索し、国際的に提案すること。これらの体験を若者にしてもらう場を作りたい。こうした思いから、本企画を立案しました。

プログラム

8月27~29日
会議

8月30日
採択書発表

8月27日(木)
開会式
ロールコール/ Roll Call
議題採択/ Setting the Agenda
討議開始/ Debate
オープニングスピーチ(各3分)
非着席交渉/ Unmoderated Caucus

8月28日(金)
着席討議/ Moderated Caucus
非着席交渉/ Unmoderated Caucus。以後、交互に行います。
参加者から交渉方法に関して動議があれば考慮します。

8月29日(土)
着席討議/ Moderated Caucus
非着席交渉/ Unmoderated Caucus。採決、調印。必要があれば夜まで行います。

日時

〜選考過程〜

7月10日(金)
募集開始
7月29日(水)
募集締め切り&選考開始
7月31日(金)
参加者確定

プレイベント

●8月7日(金)
「気候変動の今とエネルギーミックス」ー竹村真一先生(文化人類学者)
●8月23日(日)
「社会を指揮するリーダーシップ論」ー木許祐介氏(指揮者)
●8月25日(火)
「気候変動と自然資本会計」ー河口真理子先生(大和総研)

メインイベント

8月27日(木)〜29日(土)
模擬COP 本会議
8月30日(日)
採択文書の発表

場所

メイン  3×3Labo
サブ    COMx TORANOMON

参加資格

①プログラム期間中 大学、大学院に所属する学生であること
②メインイベントの全日程に参加可能であること
③メインイベントまでに実行委員から課されるリサーチ課題をこなせること

参加費

5,000円以内(会場費、宿泊費、食費込み)
※交通費は実費負担
只今、参加費を無料にできる様、スポンサーに対して開催資金を募集中