COY13/COP23派遣記~日本の一若者として~

Facebooktwittergoogle_plusmail


○自己紹介

松本健太。あだ名はまっつん。創価大学国際教養学部三年。大学では国際政治を専攻していて、特に難民問題に関心があります。



 

-参加の目的

今回私は主に次の二つの目的を持ってCOP23に参加しました。

一点目に、開催国であるドイツの取り組みを自身の目で確かめることです。環境に関する記事や本を読む中で、度々紹介される環境先進国・ドイツの取り組みに関心を寄せていました。また、私のメインテーマである難民問題に対しても積極的な姿勢を貫いてきたドイツは、私にとって憧れの国でした。COP23に参加する中でドイツの取り組みや熱量を肌で感じたい、との思いが参加を決めた一番の理由でした。

二点目に、世界中から集まる活動家たちと繋がり、彼らから学ぶことです。これまでのCOP派遣の様子について伺う中で、ユニークな発想で様々な活動を展開している海外ユースのお話をたくさん耳にしました。そういったユースと関わって彼らの情熱や柔軟な思考から学びたいと思い、COPの場では特にネットワーキングに注力しました。

-主な活動

開催4日目の11月9日に韓国パビリオンで行われたシンポジウムで日本ユース代表としてプレゼンテーションする機会をいただき、日本のNDCとユースの想い・活動について発表しました。少し緊張しましたが、終了後に多くの方から堂々と発表できていたとお褒めの言葉をいただき、無事成功で終えることができました。また、海外ユースと交流する中で身近な場所でも応用できそうな取り組みを学ぶことができました。あるヨーロッパの大学生は、化石燃料に扮した学生と教授の格好をした学生を一本の糸で繋ぎ、各先生方に切ってもらうよう呼びかける化石燃料からのダイベストメント・キャンペーンを行い、大学の投資撤退を取り付けました。こうした積極的で創造性に溢れた取り組みは、今後キャンペーンなどを企画する上で非常に参考になると感じています。

-これからの自分

今後の取り組みとして、まずは今回の派遣で学んだことを身近な友人など、現時点であまり気候変動に関心を持っていない人たちに共有していきたいです。現地で様々な専門を持った参加者とお話しする中で、政府へのアドボカシーやイベントの企画運営などの大規模な取り組みだけでなく、身近な人々に語るといった地道な努力こそ気候変動に対する意識啓発に重要なのだと気づかされました。問題意識を持った仲間を増やしていく中で行動を起こし、若者の声を大きくしていきたいです。環境問題に限らず、今の日本には若者が政治参画する機会も積極的に声を上げる若者の数も少ないと思うので、海外ユースから学んだ熱い想いや主張する姿勢を広げていきます。

今回様々なトピックのサイドイベントに参加する中で、自身のキャリアを考え直すいい機会にもなりました。大学院でどの分野を専攻するか迷っていた私でしたが、登壇者の方々から得た知識をもとに思索する中で、公衆衛生という自身の関心に最も合致した分野に出会うことができました。これからも卒業論文での研究などを通して自身の見識を深め、地球環境と人々の強制移動という二つの大きな問題に保健・衛生の分野から寄与できる自分に成長していきます。

Climate Youth Japan
Twitter: https://twitter.com/ClimateYouthJp(アカウント @ClimateYouthJp)
HomePage: http://climateyouthjapan.org