CYJ Presents COP中継ワークショプ   -国際交渉ってどんな感じ?-

Facebooktwittergoogle_plusmail

□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  
  CYJ Presents COP中継ワークショプ
    -国際交渉ってどんな感じ?-

  2012年11月30日(金)18:30~21:00

 @京都北山(ひいらぎ眼科2Fフリースペース)
   申し込みフォーム http://p.tl/iWId-

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆□□□

!!ドーハと京都がつながる!!
京都議定書が作られてから15年。
実は、気候変動(地球温暖化)に関する国際会議は毎年開催されているのです。
今年の会場は、中東カタール・ドーハ。
でも“国際会議”“国際交渉”って言われても
自分とは関係がない遠い所で行われているイメージ。
そんな国際交渉の現場で活躍している日本のYouth(若者)がいます!
今回のワークショップでは、遠いカタールと中継をつなぎ会議の模様をお伝えします。
気候変動問題、国際会議って一体何なんやろ?
Youthでも国際的な活動ができるの?
こんな風に感じている方、大歓迎です☆一緒にYouthができること、考えてみませんか?

○日時:2012年11月30日(金)
    18:30~20:50(18:00受付開始)
○会場:ひいらぎ眼科2F フリースペース
〒603-8052 京都市北区上賀茂松本町96-4
http://hiiragi-eye.com/access.html
○当日プログラム(予定)
18:00-  受け付け開始
18:30-18:40 開会挨拶、趣旨説明
18:40-19:40「気候変動交渉×Youth」について
      ~知っていること・知らないこと~
 門川裕美、武田麻里
19:40-20:20 ワークショップ「気候変動問題に関心を持つ仲間と話そう(仮)」
廣岡睦
20:20-20:35 カタールと中継
      「国際交渉ってどんなところ?」
20:35-20:45 アンケート記入
20:45-20:50 閉会挨拶
○参加者:先着15名(高校生、大学生・大学院生、若手社会人)
○参加費:500円(資料代として)
 ※懇親会参加者は各自実費負担でお願いします
○お申込み方法:http://p.tl/iWId-(申込みフォーム)
※上記URLのの申込フォームから必要事項を記載し、 お申し込みください。
  
○お問い合わせ先:Climate Youth Japan(担当:武田麻里)
takeda.m9@gmail.com
○主催・企画運営:Climate Youth Japan(CYJ)
Climate Youth Japanは、ワークショップ開催、声明文作成、COPへの派遣などを通じて、
気候変動問題に取り組む日本の若者の社会的影響力を高めることで、
将来世代にとって衡平で持続可能な社会の実現を目指す団体です。
:http://climateyouthjapan.jimdo.com/
:http://cyjclimatenegotiations.blogspot.com/
:https://twitter.com/ClimateYouthJp

※このワークショップは平成24年度地球環境基金の助成を受けて実施しています。

「第6回ワークショップ」開催のお知らせ

Facebooktwittergoogle_plusmail

<終了しました。参加・協力いただいた皆様、ありがとうございました。>
================================
◆◇ CYJ Presents 第6回ワークショップ◇◆
――地球温暖化対策基本法案について考え――
================================

途上国を始め世界各地で深刻な問題となっている気候変動問題について、日本でも法律を整え、持続可能な社会にシフトしていく必要があります。どのような法律によってどのような規制がされようとしているのか、地球温暖化対策法案をもとに、考えてみたいと思います。
今回は6月に開催されるRio+20にちなんで美味しいブラジル料理を食べながら気軽に意見の交換ができるような場となっています。気候変動問題やそれに伴う国際交渉に興味のある方、是非ともご参加ください。

********************************
■ 開催概要 ■
「CYJ Presents 第6回ワークショップ
―地球温暖化対策基本法案について考える―

【日時】2012年3月29日(木)18:00-21:00
【場所】SAUDADE(JR御茶ノ水駅より徒歩6分)
(http://r.gnavi.co.jp/ga0z700/) 
※当日は会場へ直接お越し下さい。
【参加費】4000円(コース料理)
【主催】Climate Youth Japan

■ プログラム概要 ■
18:00-18:10 開会挨拶、団体紹介、企画趣旨説明(10分)
18:10-18:30 地球温暖化対策基本法案の紹介(20分)
18:30-20:45 意見交換タイム
20:45-21:00 まとめ     

■ 講師プロフィール ■
佐藤慎一(さとうしんいち)氏
1986年兵庫県生まれ。東京大学大学院環境システム学専攻修士課程修了。2010年に生物多様性条約第10回締約国会議、国連気候変動枠組条約第16回締約国会議(COP16)に参加し、2011年に国連気候変動枠組条約第17回締約国会議に参加。COP16では、日本ユースとして化石賞受賞や環境大臣への声明文提出を行った。

■ 参加方法 ■
ご参加を希望される方は下記のアドレスにお名前、ご所属、Eメールアドレス、電話番号を送って下さい。
Email:climateyouthjapan@gmail.com
申込締切【3月25日(日)】

※このワークショップは平成23年度年度地球環境基金の助成を受けて実施しています。

「みんなのエネルギー・環境会議 若者編」開催のお知らせ

Facebooktwittergoogle_plusmail

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
<終了しました。参加・協力いただいた皆様、ありがとうございました。>

2/4「みんなのエネルギー・環境会議 若者編」開催のお知らせ

     参加申し込みフォーム http://bit.ly/yMfYnJ
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

 「若者とエネルギー政策」をテーマとして今後の原発問題や
エネルギー政策のあり方について若者が意見を交わすため、
「みんなのエネルギー・環境会議 若者編」を下記の通り開催
します。学生や若手社会人はもちろん、幅広い世代・立場の皆様
のご参加をお待ちしています。

【日時】 2012年2月4日(土) 12:45~17:10(受付開始時間12:15)

【会場】 キャンパスプラザ京都 第3講義室(JR京都駅より徒歩すぐ)
(http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=585&frmCd=14-3-0-0-0)

【対象】どなたでも(学生だけでなく幅広い世代からの参加を歓迎いたします)

【プログラム(予定)】

12:45~12:50 開会挨拶、呼びかけ人代表から、MEECの趣旨説明

12:50~14:30 セッション1・エネルギー政策について若者はどう見るか
      話題提供者
      ・澤田 哲生さん(東京工業大学原子炉研究所・MEEC発起人)
       『福島事故の今後ーYoung Generationへの期待ー』
      ・山岸 尚之さん(WWFジャパン)
       『エネルギー政策を考える際のポイント』
登壇者
      ・圓谷 幸史さん(東京大学大学院・学生)
      ・久保 勇太さん(京都大学大学院・学生)
      ・中田 実里さん(時事通信)
      ・細川 和朗さん(グリーンパワーインベストメント)
      ・西野 ひかるさん(わかさ夢発電プロジェクト)
      コーディネーター
      ・伊与田 昌慶(気候ネットワーク)

14:30~14:40 休憩

14:40~16:20 セッション2・若者がどう政策に関わるべきか
      話題提供者
      ・枝廣 淳子さん(幸せ経済社会研究所・MEEC発起人)
       『エネルギー政策にどのように影響を与えることができるか』
      登壇者
      ・小林 武史さん(APバンク・MEEC発起人)
      ・村井 宗明さん(衆議院議員)
      ・井上 卓さん(国土交通省近畿地方整備局)
      ・吉崎 雄宏(滋賀県立大学・学生、エコ・リーグ)
      ・石原 佑真さん(早稲田大学・学生、ivote)
      ・小端 あゆ美さん(中日新聞・記者)
      ・福嶋 慶三さん(尼崎市理事)
      コーディネーター
      ・吉岡 達也さん(ピースボート共同代表・MEEC発起人)

16:20~16:50 会場参加者の意見の共有、交換

16:50~17:10 総括(呼びかけ人、コーディネーターによるまとめ)


【定員】 130名

【主催】 Climate Youth Japan(http://climateyouthjapan.jimdo.com/)

【共催】 みんなのエネルギー・環境会議(http://www.meec.jp/)

【協力】 気候ネットワーク、エコ・リーグ(全国青年環境連盟)

【参加費】 一般:1,000円 学生:500円(※高校生以下無料)


◆お申し込み
下記より必要事項を記入の上、お申込みください(先着順受付)。
→参加申し込みフォーム http://bit.ly/yMfYnJ
・当日参加も可能ですが、入場者数が定員に達した場合は参加を
 お断りする可能性があります。事前のお申込みをお願いします。
・参加費は当日の会場受付にてお支払い下さい。
・ちいさなお子さんを連れて参加される方にはパパ・ママ席を
 ご用意しております。お子さんと一緒に入場いただけます。

◆お問い合わせ先
Climate Youth Japan(CYJ)
メール : climateyouthjapan@gmail.com(担当:廣岡)


◆ウェブ生中継
ウェブ生中継を実施予定です。Ustreamにてウェブ生中継を
行う予定です(万が一不具合発生の折はご容赦ください)。
http://www.ustream.tv/channel/meec-live


●主催団体「Climate Youth Japan(CYJ)」について ●
Climate Youth Japanは、ワークショップ開催、声明文作成、
COPへの若者派遣などを通じて、気候変動問題に取り組む日本
の若者の社会的影響力を高めることで、将来世代にとって衡平
で持続可能な社会の実現を目指す団体です。
・HP:http://climateyouthjapan.jimdo.com/
・Blog:http://cyjclimatenegotiations.blogspot.com/
・Twitter:https://twitter.com/ClimateYouthJp
・facebook:https://www.facebook.com/climateyouthjapan


● 「みんなのエネルギー・環境会議」について ●

 これまでは「電気代を払っていれば何の心配もなく好きなだけ
電気を使っていい」と、“コンセントのあちら側”のことは気にし
ていなかった多くの人が、東日本大震災と東京電力福島第一原子
力発電所の事故を受けて、自分たちの使う電力の量やその作り方
に対する意識と関心を持つようになってきました。「自分たちの
エネルギーについて知りたい」「考えたい」「話したい」「変え
ていきたい」という思いが高まってきています。
 私たちはこれから作られる日本のエネルギー政策が、我が国・
日本の社会と将来を大きく左右するものになると認識しており、
エネルギー政策を作るプロセスそのものを国民に開かれた場に
していきたいと思っています。
「みんなのエネルギー・環境会議」は、原発推進/反原発・脱
原発、自然エネルギーの今後等について、「こうあるべき」と
いう特定のスタンスを打ち出すためのものではありません。そ
れぞれの観点についての賛成・反対を含め、さまざまな立場や
考え方の人々がオープンに日本の産業や暮らしを支えるエネル
ギーの今後について、考え、語り、議論し、対話する場を作っ
ていくことをめざします。 そんな想いから「みんなのエネル
ギー・環境会議」が立ち上げられ、第1回の会議が7月31日に長
野県茅野市で開催されました。また9月10日には京都で地方版
が開催されるなど、各地域の自発的な開催も進められています。

「みんなのエネルギー・環境会議」ウェブサイト URL http://www.meec.jp/
「第1回みんなのエネルギー・環境会議」 http://www.meec.jp/#report_nagano
「第2回みんなのエネルギー・環境会議」 http://www.meec.jp/#report_second

■「みんなのエネルギー・環境会議」発起人(五十音順)
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所)/枝廣淳子(幸せ経済社会研究所)/岡田武史(日本サッカー協会)/橘川武郎(一橋大学)/小林武史(APバンク)/澤昭裕(国際環境経済研究所)/澤田哲生(東京工業大学原子炉研究所)/茅野實(長野県環境保全協会)/吉岡達也(ピースボート)/吉岡斉(九州大学)