U-30 Symposium for Integration

Facebooktwittergoogle_plusmail

イベントは終了致しました。
至らない点多々ありご迷惑おかけ致しました。
しかし、優れた登壇者の方々と暖かい来場者の皆様のおかげで、実りのあるイベントにすることができたと思っております。深くお礼申し上げます。
いくつか写真をアップ致しましたのでご覧下さい!

________________________________________
シンポジウム開催のお知らせです。
– 日: 12月21日(土)
– 時間: 17:30-21:00
– 場所: 御茶ノ水 ケーズ [KZ] 千代田区神田淡路町 2-23 菅山ビル 1F
– 主催: Climate Youth Japan
– 協賛: 株式会社ポストインネットワーク
– 入場料: 無料(要予約、懇親会参加費3,300円)ご予約はこちらの応募フォームからお願い致します。ご予約は懇親会参加希望の方から優先して承っております。

「若者が作る環境」をキーワードに、環境、デザイン、政治、都市など別々の分野で活躍する30歳未満の若者をゲストとして招き、私たちができること、やるべきことについて話し合います。

若者の集いらしく、リラックスした空気の中で行っていければと思います。 そんなわけで、飲み物食べ物が出る懇親会とセットになっております。 後半の懇親会は食事付き飲み放題3,300円です!ぜひぜひみんなで飲み食いしながら語り合いましょう!

プレゼンターの紹介

1組目はCCWG+CYJということで、私たちがいつもお世話になっている東京大学の学生団体CCWGさんと私たちCYJが合わさった混合チームです。気候変動という環境問題において日本が置かれている立場、そしてそれを解決するために今私たちがとるべき行動などをCOP19の経験などを踏まえて語ります。

2組目は株式会社prsm代表の藤代健介さん。経験デザインと「場の設計」というユニークなアプローチをとって空間デザインを中心にあらゆる事業の環境をデザインします。ミクロな視点から、ソフトとハード両面に関してデザインを行う彼の仕事スタイルを語って頂きます。

3組目はNPO法人YouthCreate代表の原田謙介さん。原田さんは若者が政治に対してより積極的に関われる環境を作るために若者側、政治側両方に対しアクションを起こしています。目に見えないソフトな環境整備という意味では地球温暖化問題の解決というテーマに対する環境整備と共通点が見いだせるかもしれません。

4番目は311SAM代表の遠藤貴弘さん、冨永麻倫さん、大山宗之さんの3名。2011年3月11日の東北大震災をきっかけに結成されたチームで、3名とも別々の企業に勤めながら定期的にネットを利用しミーティングを開くなどの活動をしています。建築や都市環境のあるべき姿を模索している様子を、普段の活動内容から語って頂きます。

ふだんはバラバラなところで光っている点と点をこのシンポジウムで結べたら良いなと思っています。
今回このイベントにはスポンサーとしてポストインネットワーク様がついて下さっています。ポストインネットワーク様とは以下のウェブサイトGREEN WORKSに取り上げて頂いたことをきっかけに知り合いました。

Post In Networkimg
ちいさな出会いを大切にし今回のように大きな力を作り出せたらいいと思います。   最後にもう一度応募フォームを!みなさん、一緒に飲んで語らいましょー!

世界中のメンバーとつながるミーティング

Facebooktwittergoogle_plusmail

スタッフの廣岡睦です。
私は今福岡に住んで、CYJの活動に参加しています。
代表は京都、他のメンバーも東京、横浜、ロンドン(!?)などに住んでいます。


この様に、CYJメンバーは全国各地に散らばっています!
実は、「このメンバーとはまだ1回も実際に会ったことがない」ということも珍しくありません。
(「CYJあるある」と名付けています☆)
そんなCYJをつなげているのが、月2回の「オンラインミーティング(mtg)」。
インターネットの無料通話機能を使って、mtgをします♪
いつもだいたい21時から2時間程度。
今日はCYJのmtgについて少しご紹介^^


12月の定例mtgは9日(月)21:00〜でした☆
mtg当日に、「今日はmtgですよ!」とリマインダーメールが流れます。
そのメールと一緒に届く”本日の議題”を事前に確認し、
もしも自分が当日メンバーと話したい議題があれば、それも書き込みます。


ちなみに・・・私は夕食をできるだけ済ませ、
万全の体制でパソコンを開けてmtg開始を待ちます。
(ご飯が間に合わない場合は、メンバーに了解を得て、mtgしながらいただきます!)
たまにはお風呂にも入っておく時もあります!
パジャマ姿でもばれない☆
オンラインmtgだからこそできる技!!


mtgでは、CYJの各事業の進捗状況共有・新しい事業の検討などを行います^^
○今度はどこでワークショップを開催しようか?
○COP派遣事業の進捗状況は?
○新しくCYJに関わりたいとご連絡いただいた方との連絡はちゃんとできている?
などなど・・・


当初は、相手の顔が見えず音だけでの議論は慣れるまではとても苦労しました!
でも、少しずつルールを決めて参加しているメンバーが
気持ちよく議論できるように、工夫しています。


例えば・・・
①話を聞いてうなずかずに声にだす!
 →いくら激しくうなずいていても、相手には見えず全く伝わりませんので^^

②全員がmtgが始まる前に「チェックイン」、終わる時に「チェックアウト」を行う。
 →チェックイン:今の気持ち・今日の出来事・近況報告などを話します
 →チェックアウト:mtgをしてみての気持ちなどを話します
どうしてもmtg中は議題だけを話してしまって、
メンバー同士のコミュニケーション時間を後回しにしちゃいがち!


通常月2回のmtgですが、今月は21日〜23日まで運営合宿をするので、
2回目mtgはお休みです☆
CYJはなかなか直接会えないので、合宿などでみんなが集う場は本当に貴重です。
私も今からどきどきわくわく!!


次回mtgは1月前半です〜^^
「参加してみたいな〜」という方は、ぜひぜひご連絡ください。

国際会議COP19中継ワークショップ in名古屋×ポーランド  -環境キーパーソンつながる!広がる!-

Facebooktwittergoogle_plusmail


【イベント終了】
みなさまのおかげで無事に、イベントを開催することができました。
中継によって現場の雰囲気を感じることができ、普段は国際交渉になじみのない参加者も、国際交渉や気候変動問題を考えるきっかけになったようです。
質問をうけて今の自分を見直すことで、派遣者にとっても有意義な機会になったと思います。
行き届かない所も多くあったと思いますが、これを学びに次回以降のイベントに繋げていきたいと思います。ありがとうございました^^

□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

国際会議COP19中継ワークショップ in名古屋×ポーランド -環境キーパーソンつながる!広がる!-   2013年11月18日(月)18:30~20:50 申し込みフォーム  http://goo.gl/n2pnDD   ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆□□□

!!名古屋、ポーランドがつながる!! 気候変動(地球温暖化)に関する国際会議が、 今年の11月中旬にポーランドで開催されます。
そんな国際交渉の現場で活躍している日本のYouth(若者)がいます。
国際会議期間中に、実際にポーランドで活躍する日本Youthと中継をつなぎ、 生の“国際会議”の様子をお届けするイベントを開催します。

気候変動問題、国際会議って一体なに?
新たな知見、ネットワークを広げたい!

こんな風に感じている方、大歓迎です^^ 一緒にYouthができること、考えてみませんか?

○日時:2013年11月18日(月) 18:30~20:50(18:00受付開始)
○会場:ウインクあいち愛知県産業労働センター1210 (http://www.winc-aichi.jp/access/
○内容(予定):
1. ミニ講座「COP19ってなに?-Youthができること-」 ・気候変動に関する国際会議って何? ・会議期間中の現地の様子は? ・Youthができることとは何か?
2. KEEP COOL! ?ボードゲームで学ぶ気候変動国際交渉の難しさ- ドイツのポツダム気候影響研究所が開発したボードゲーム「KEEP COOL」を通じて、 気候変動に関する国際交渉を疑似体験することができます! 国際的な合意をつくることの難しさに気づくなど新たな発見があるかもしれません^^
3. COP中継「国際交渉ってどんなところ?」 現地と中継をつなぎ、現地にいるYouthの生の声をお伝えします。 直接、質問することもできますよ^^ さあ、あなたはどんなことを聞いてみますか?   ○参加者:先着15名(高校生、大学生・大学院生、若手社会人)
○参加費:500円(資料代として) ※懇親会参加者は各自実費負担でお願いします
○お申込み方法:http://goo.gl/n2pnDD(申込みフォーム) ※上記URLのの申込フォームから必要事項を記載し、お申し込みください。
○お問い合わせ先:Climate Youth Japan(担当:加藤) Email:climateyouthjapan@gmail.com
○主催:Climate Youth Japan(CYJ)
○協力:私たちの環境サミット



[Event closed]
Thank you for coming to or your interest in the workshop taken on the 18th of November. We hope you had a good time and we are looking forward to seeing you again soon.

———————————

We are happy to inform that we are going to have a workshop networking Japan and Poland!
○Time:18 Nov 2013   18:00-20:50 (Mon)
○Venue:http://www.winc-aichi.jp/access/
○内容(予定):
1. Mini lecture “What Is COP19? -What Can Youth Do?-”

・What is the International Conference for Climate Change?

・What is  the atmosphere of meeting like?会議期間中の現地の様子は?

・What Can Youth Do There?
2. KEEP COOL!?

・Learning the difficulty of international negotiation for climate change, using a board game.

3. COP Networking

・Networking with staff in Poland, let’s listen to the living voices!

○Participants: For the first 15 people

○Fee: 500yen

○Application form: http://goo.gl/n2pnDD
○Contact:Climate Youth Japan (Kato) Email:climateyouthjapan@gmail.com
○Host:Climate Youth Japan(CYJ)
○Cooperation:私たちの環境サミット

☆ユース分科会☆ エネルギーを考える若者の集い〜eneyan3〜

Facebooktwittergoogle_plusmail

【イベント終了】   みなさまのおかげで無事に、エネルギーを考える若者の集い~eneyan3~を開催することができました。   イベント数日前には台風が迫っており開催が危ぶまれることもありましたが、無事に開催、また終了することができました。 エネルギー問題や政策について関心を抱くだけでなく、深く考え意見交換したり、新たな考え方や活動を知っていただくことができ、参加者にとってとても有意義な機会になったと思います。 行き届かない所も多くあったと思いますが、これを学びに次回以降のイベントに繋げていきたいと思います。 ありがとうございました。 ☆ユース分科会☆ エネルギーを考える若者の集い〜eneyan3〜 2013年10月27日(日)9:30-12:00 @同志社大学 新町キャンパス、京都 ■ 申し込みフォーム http://bit.ly/Kiko20131026 ■ 「若者とエネルギー政策」をテーマとして、政策に対して若者がどう関わるべきか、 関わることができるのかということについて意見を交わします。 学生や若手社会人はもちろん、幅広い世代・立場の皆様のご参加をお待ちしています。 なお、このシンポジウム全体は環境NGO気候ネットワークが主催しています。 26日、27日にわたる二日間開催され、一年で一番大きなイベントです! 詳細はコチラ↓ http://www.kikonet.org/event/sympo13.html ------------------------ ○分科会日時:2013年10月27日(日)9:30-12:00(受付9:00~) *シンポジウム全体は16:00まであります。途中 入退場可 ○会場:同志社大学 新町キャンパス(京都市上京区) http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/shinmachi.html ○プログラム(予定) ・開会挨拶、趣旨説明 ・基調講演「気候変動問題からみるエネルギー~政策の重要性~」 講師:山岸尚之様(WWFジャパン) ・対話型対談・ディスカッション「若者がエネルギー政策にどう関わるか」 登壇:長谷川羽衣子様(緑の党共同代表) 京都に生まれる。上智大学大学院修士課程修了。09年、修士論文「『江戸町触集成』悉皆調査に基づく長期統計分析-下肥・塵芥処理を中心として」が優秀論文に選ばれる。2011年 震災と原子力発電所の事故を受け、若手研究者・学生などと共に持続可能なエネルギー・環境の研究、実現を目的としたNGO 「e-みらい構想」を設立、代表を務める。2012年7月より緑の党(Greens Japan)の共同代表。10月、韓国緑の党の再結成式に出席、原発問題・領土問題について対話を行う。11月、ドイツ緑の党の党大会に出席し、スピーチを行う。ドイツの原発・エネルギー政策について学ぶと共に、日本の原発政策について発表。   著書に『原発ゼロ~私たちの選択~』(かもがわ出版、2012年、共著:安斎育郎・飯田哲也・大島堅一・長谷川羽衣子)、『原発ゼロをあきらめない―反原発という生き方』(明石書店、2013年、共著:安富歩、小出裕章、中嶌哲演、長谷川羽衣子)   公式HP http://www.hasegawauiko.com/ Twitter @uikohasegawa Facebook http://facebook.com/uiko.hasegawa 緑の党(Greens Japan)HP http://greens.gr.jp/   登壇:福島宏希様(United Youth代表) United Youth HP:http://p.tl/cP7f 早稲田大学理工学部環境資源工学科を卒業した後、フロリダ州立大学公共経営・政策大学院卒業(修士)。大学生の頃に所属した「早稲田大学学生環境NPO「環境ロドリゲス」」をきっかけとし、若者の環境ネットワーク「エコ・リーグ」を知る。エコ・リーグを通じ多くの仲間を得、大学1年生の時に「コンビニの環境改善を考える学生の会」を立ち上げ、調査・提言・啓発活動を行う。修士号取得後帰国し、環境コンサルティング会社に勤務。国内外の環境事業に参画する。 2009年~2012年NPO法人エコ・リーグの専従職員兼事務局長として、「生物多様性国際ユース会議」「紛争鉱物に関する教材開発学生プロジェクト」「首都圏自治体連合マイボトル普及プロジェクト」など、行政、企業等と多くの事業連携を実施。リオ+20政府代表団顧問(2012年)。2007年より、分野と地域を越えて輪若者が集まる場の必要性を訴え、「Japan Youth G8 Project(JYG8)」を立ち上げる。JYG8のスピンオフとして、2011年8月に「United Youth」を設立。現在はUnited Youthを活動の中心に据えている。 (エネルギー関連の活動) 2012年7月の「エネルギーに関する国民的議論」をきっかけに、友人と「エネルギー政策に若者の声を!e-project」を立ち上げ、以来エネルギー関係の活動を精力的に行う。2013年1月経済産業省主催「高レベル放射性廃棄物に関する若者ワークショップ」の企画・運営を担当。United Youthのイベントではエネルギー分科会を担当し、福山哲郎参議院議員等の政治家の方たちと意見交換を行う。現在は「大学生向けエネルギー出張講座」および、エネルギー・気候変動問題での革新的アクションを生みだすためのイベント「Power Shift Japan」を企画中。 リンク United Youth http://www.unitedyouthjapan.net/ 個人ブログ http://convitz.blogspot.jp/ Twitter https://twitter.com/convitz 登壇:福嶋慶三様(尼崎市理事) 現職:尼崎市理事(環境省より出向中)   ◎プロフィール 1975年京都市生。立命館大法学部卒、神戸大院法学研究科修了。 2002年、環境省入省。国内の地球温暖化対策や国際交渉に携わる。小泉政権下で内閣官房構造改革特区・地域再生室。後、英国留学、サセックス大学院環境開発政策修了。英国環境省インターン。民主党への政権交代後、内閣官房副長官補室。環境省環境保健部企画課、大臣官房会計課、政策評価広報課等を経て、2011年7月より出向・現職(尼崎市理事)。そのほか、業務以外にも市民の政策参加を加速するべく多様な課外活動を展開中。 ・尼崎市幹部職員紹介 (http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/welcome_mayor/004kannbusyokuinn.html) ・新しい霞ヶ関を創る若手の会「プロジェクトK」 (http://projectk.jp/) ・官民協働ネットワーク「Crossover21」 (http://crossover21.net/) ・かんえこ(関西環境系異業種ネットワーク) (http://www.kansaieco.com/)   など コーディネーター:武田麻里 京都大学理学部4回生 Climate Youth Japan副代表 ・ワールドカフェ ・全体共有 ・閉会あいさつ *イベント終了後30分ほどフリートークの時間として会場を開放します。 登壇者のみなさまにも残っていただき、 参加者と自由に意見交換ができるようにしたいと思います。 会場にて昼食も召し上がっていただけますので、 昼食をご持参しての参加も大歓迎です^^ ○参加人数:先着40名 ○参加費:一般:1,000円、気候ネットワーク会員:無料 (シンポジウム全体参加、分科会のみ参加でも参加費は共通) ○お申込み方法 下記の申込フォームから必要事項を記載し、お申し込みください。 申し込みフォーム http://bit.ly/Kiko20131026 ○主催:特定非営利活動法人気候ネットワーク ○企画・運営:Climate Youth Japan ○お問い合わせ先: ・本分科会に関して TEL:09079664148 MAIL:takeda.m9@gmail.com(CYJ武田) ・シンポジウム全体に関して TEL:0752541011   MAIL:kyoto@kikonet.org 本シンポジウムは、平成25年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催いたします。 ------------------------ 【団体紹介】 ○気候ネットワーク 気候ネットワークは、地球温暖化問題に取り組む環境NGOです。 <私たちはめざします> 人類の生存を脅かす気候変動を防ぎ、持続可能な地球社会を実現すること ・世界の温室効果ガスを大幅に減らす国際的なしくみをつくる ・日本での持続可能な低炭素社会・経済に向けたしくみをつくる ・化石燃料や原子力に依存しないエネルギーシステムに変える ・市民のネットワークと協働による低炭素地域づくりを進める ・情報公開と市民参加による気候政策決定プロセスをつくる :http://www.kikonet.org/ ○Climate Youth Japan CYJのキーワードは、「気候変動」「政策」「ユースの意見発信」です。 社会の中で若者が声を上げることにより、気候変動問題の解決を通じた 衡平で持続可能な社会の実現を目指します。 全国各地で定期的にワークショップの開催、キャンペーン活動、 海外ユースとの交流・活動、国際会議派遣事業などを企画しています。 :http://climateyouthjapan.jimdo.com/