「第6回ワークショップ」開催のお知らせ

Facebooktwittergoogle_plusmail

<終了しました。参加・協力いただいた皆様、ありがとうございました。>
================================
◆◇ CYJ Presents 第6回ワークショップ◇◆
――地球温暖化対策基本法案について考え――
================================

途上国を始め世界各地で深刻な問題となっている気候変動問題について、日本でも法律を整え、持続可能な社会にシフトしていく必要があります。どのような法律によってどのような規制がされようとしているのか、地球温暖化対策法案をもとに、考えてみたいと思います。
今回は6月に開催されるRio+20にちなんで美味しいブラジル料理を食べながら気軽に意見の交換ができるような場となっています。気候変動問題やそれに伴う国際交渉に興味のある方、是非ともご参加ください。

********************************
■ 開催概要 ■
「CYJ Presents 第6回ワークショップ
―地球温暖化対策基本法案について考える―

【日時】2012年3月29日(木)18:00-21:00
【場所】SAUDADE(JR御茶ノ水駅より徒歩6分)
(http://r.gnavi.co.jp/ga0z700/) 
※当日は会場へ直接お越し下さい。
【参加費】4000円(コース料理)
【主催】Climate Youth Japan

■ プログラム概要 ■
18:00-18:10 開会挨拶、団体紹介、企画趣旨説明(10分)
18:10-18:30 地球温暖化対策基本法案の紹介(20分)
18:30-20:45 意見交換タイム
20:45-21:00 まとめ     

■ 講師プロフィール ■
佐藤慎一(さとうしんいち)氏
1986年兵庫県生まれ。東京大学大学院環境システム学専攻修士課程修了。2010年に生物多様性条約第10回締約国会議、国連気候変動枠組条約第16回締約国会議(COP16)に参加し、2011年に国連気候変動枠組条約第17回締約国会議に参加。COP16では、日本ユースとして化石賞受賞や環境大臣への声明文提出を行った。

■ 参加方法 ■
ご参加を希望される方は下記のアドレスにお名前、ご所属、Eメールアドレス、電話番号を送って下さい。
Email:climateyouthjapan@gmail.com
申込締切【3月25日(日)】

※このワークショップは平成23年度年度地球環境基金の助成を受けて実施しています。

シナジー Vol.153にてCYJを取材していただきました。

Facebooktwittergoogle_plusmail

シナジー


国際協力NGOの情報誌 シナジー vol.153

 

出版社名:国際協力NGOセンター(JANIC)

世界を変える人 矢崎芽生さん「世界を変える人たちを会計で支えたい」
フォトジャーナリストの眼「お手伝いをするロヒンギャ難民の子」
特集1「途上国の現状向上のために NGOの世界基準“CSO開発効果”」
   多様化する援助パートナー JICAが目指す援助の発展と普及(国際協力機構 参事役 小林尚行)
   原則を「実践」へ―韓国の開発効果の取り組み(KCOC キュンシン・リー)
   座談会「イスタンブール原則、浸透なるか」
   (日本国際ボランティアセンター 山崎勝、プラン・ジャパン 馬野裕朗、プラン・ジャパン 橘祐子、JANIC理事長 大橋正明)
特集2「自分たちの未来のために いま、提言を」
   ユースの提言を大人はどう見ているか?
   (動く動かす→事務局長 稲場雅紀、衆議院議員 阪口直人、A SEED JAPAN 鈴木亮)
   私たちの未来は“いま”決まる(Climate Youth Japan)
菅文彦のサクッとチャリティー術「春からの新生活!「おかたづけ」チャリティー」
CSR&NGO「デロイト トーマツ コンサルティング株式会社×ケア・インターナショナルジャパン」
シナジーするNGOとは 日本経済新聞社編集委員/明治学院大学教授 原田勝広
会員NOW
Books・Movies
NGOのNGなハナシ
JANIC活動報告
会員ひろば
スタッフ通信
定期購読の案内、ほか