第11回WS 「国際会議参加者に聞いてみよう 私、就職できますか」報告

Facebooktwittergoogle_plusmail


みなさん、こんにちは。
CYJの佐藤慎一です。

1月12日(土)に東京大学で第11回ワークショップ「国際会議参加者に聞いてみよう ~私、就職できますか?~」を行いました。以下、報告にお付き合い頂ければと思います。

【気候変動と就職のつながり】
本WSはテーマの1つに「就職」を取り上げました。私共のコアコンピタンスはもちろん「気候変動」になりますが、両者にはどんなつながりがあるのでしょうか。
私共のMissionの1つに、「日本の若者の気候変動問題およびそれに関連する政策に対する関心を高める。」というものがあります。「気候変動」という社会全体に関わりますが、必ずしもすべての人が意識していない問題と、「就職」という誰もが意識する問題。双方を体験した社会人にこのつながりを振り返って頂くことで、普段「気候変動」を意識しない就活生により「気候変動」を身近に感じてもらいたい、または普段活動に身を投じている学生が抱える「就職」への不安を緩和したいという願いを込め、本WSを開催しました。

【言葉の限界】
本WSの登壇者は、CYJやCCWG出身の若手社会人にお願いしました。どの方も尊敬できる素晴らしい方々ですが、決して就職のプロではありません。しかしながら、どの登壇者も等身大の自分を謙虚に一生懸命に回顧して下さりました。粗いかもしれませんが学生がより実感できる登壇者の生の体験を届けられたのではないかと感じています。
特に、ある商社勤務の登壇者の発言が印象的でした。彼は、「言葉を自分のものにする」重要性を冒頭に訴えていました。紹介する体験を指し示す言葉を照らし合わせる体験を聴講者は持っていないからです。他の登壇者も類似の発言をしていました。この発言は伝えることの限界を示すものでもありますが、同時に「聴く」力の重要性を訴えるものでもあります。実際、その後のフリータイムでは登壇者と参加者のコミュニケーションが活発に行われ、とても良い交流の場、自分を見つめ直す場になったのではないかと、運営者として大変嬉しく感じております。

【局所最適化と全体最適化】
最後に、私が感じる「気候変動」と「就職」のつながりについて御紹介させて下さい。
私が最も好きな言葉に「Sustainability(持続可能性)」というものがあります。この言葉は環境保全と経済発展や開発の対立の文脈でよく使用されます。
社会全体の「Sustainability」を高めるという問題解決のときに重要になることの1つが、執行者自身の持続可能性です。社会貢献に偏重すれば、自身の生活が満たされないかもしれませんし、その反対では問題解決に十分な貢献をすることができません。そのため、自分自身や家族などの所属する小さなコミュニティに資する「局所最適化」と社会全体に資する「全体最適化」を両立ないしは共役することが執行者には重要になります。
つまり「気候変動」問題を通じて「全体最適化」に取り組むためには、「局所最適化」を満たすような「就活」をする必要があるのだと感じています。本WSによってこの必要性を満たし、「気候変動」問題に持続的に取り組んでいける執行者が増えれば幸いです。

 

CYJ&CCWG 共催 COP18派遣プロジェクト合同報告会 -We are part of solution, are you? –

Facebooktwittergoogle_plusmail

□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
CYJ&CCWG 共催 COP18派遣プロジェクト合同報告会
-We are part of solution, are you? –

2013年1月12日(土)13:00~15:15
@東京大学 本郷キャンパス
報告会申し込みフォーム  http://bit.ly/YlZsXc

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆□□□

11月26日から、カタールのドーハで開催されていたCOP18では、例年通り会期を延長した末、京都議定書の改正や2020年以降の新枠組みの作業計画などを盛り込んだ「ドーハ合意」を採択し閉幕しました.途上国は、資金の援助が不可欠であるとし先進国からの援助を求めましたが、先進国は経済の悪化や政治状況を理由に具体的な約束ができず、最後までもめることとなりました.資金に関する交渉でも見て取れるように,途上国と先進国の激しい対立のため、詳細を詰めることができず、来年以降の交渉も難航することが予想されます。

この難航した国際会議の中で、日本Youthはどのような挑戦を行ったのでしょうか。
そして、自分の目で現場見て、行動する中で、何を感じたのでしょうか。
Youthが現場で抱いた思いを発信するとともに、国際交渉に関心のございますみなさまと共に交流・意見交換を行います。

今回は、気候変動交渉を全く知らないけれども漠然と気候変動問題、国際交渉に興味がある方でも参加できるようなプログラムを用意しております。
気候変動国際交渉に興味を持っていらっしゃる方はもちろん、様々な方にご参加いただければと思っております。
ぜひご参加ください。

また、同日15:30-18:00、同会場にて就活生向けイベントとして、気候変動国際会議参加者で現在総合商社、官庁など様々な所に勤めていらっしゃる方を招いて、就活にむけてのアドバイスや交流会を行うWS(CYJ Presents 第11回ワークショップ国際会議参加者に聞いてみよう 〜私、就職できますか?〜)を開催いたします。加えて、18:00からは報告会、WS参加者のみなさまとの懇親会も開催いたします。こちらもぜひお時間が合いましたらご参加ください。
※同じ申し込みフォームから参加を選択できます。


□開催概要
「CYJ&CCWG共催 COP18派遣プロジェクト合同報告会
        – We are part of solution, are you? -」
【日時】2012年1月12日(土)13:00-15:15 受付12:45〜
【場所】開催場所:東京大学 本郷キャンパス14号館2階
【参加費】300円(資料代として)
※懇談会費用は参加者実費負担となります。
【主催】Climate Youth Japan(CYJ)、Climate Change Working Group(CCWG)

□当日プログラム(予定)
12:45-     受け付け開始
13:00-13:10  オープニング
13:10-14:00  基調講演
14:00-14:10  休憩
14:10-14:40  分科会1
14:40-15:10  分科会2
15:10-15:15  クロージング

□基調講演・講師プロフィール
加納 雄大氏(かのう たけひろ)/ 外務省 前気候変動課長
1989年外務省に入省し、これまでアジア、日米関係、安全保障、政府開発援助(ODA)、地球規模課題等を担当。2010年1月より国際協力局気候変動課長としてCOP15からCOP16、COP17に至る、国連気候変動交渉に従事。2012年9月より総合外交政策局安全保障政策課長。

□分科会テーマ
・COP18で日本ユースが行ったこと-国際会議参加者はどのように行動し、何を感じたのか-
・Keep Cool! –ボードゲームで学ぶ気候変動国際交渉の難しさ-
・気候変動国際交渉基礎講座
※以上3つのコンテンツから、分科会1、2各々において、興味のあるテーマを一つ選んでいただきます。

□参加者:80名程度

□お申込み方法: http://bit.ly/YlZsXc
※上記URLの申込フォームから必要事項を記載し、お申し込みください。

□お問い合わせ先:Climate Youth Japan
climateyouthjapan@gmail.com

□主催・企画運営:
Climate Youth Japan(CYJ)
Climate Youth Japanは、ワークショップ開催、声明文作成、COPへの派遣などを通じて、
気候変動問題に取り組む日本の若者の社会的影響力を高めることで、
将来世代にとって衡平で持続可能な社会の実現を目指す団体です。

Climate Change Working Group(CCWG)
学生の有する知的リソースを気候変動問題とリンクさせることを目的とし、東京大学の修士学生を中心として、国際学術協力AGSに参加する組織として2003年2月に設立。それぞれ専門分野を持つ研究者の立場から、知識を提供し合い、学生の立場から中立的に広い考えを吸収・消化する。

※この報告会は平成24年度年度地球環境基金の助成を受けて実施しています。

CYJ Presents 第11回ワークショップ   国際会議参加者に聞いてみよう ~私、就職できますか?~

Facebooktwittergoogle_plusmail

□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      
        CYJ Presents 第11回ワークショップ    
国際会議参加者に聞いてみよう
          ~私、就職できますか?~   

   2013年1月12日(土)15:30~18:00
         @東京大学 本郷キャンパス     
ワークショップ申し込みフォーム http://bit.ly/YlZsXc
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆□□□

2014年春入社のための就職活動が、ついに本格スタートしました。
就職活動は順調ですか?

ちょっと前まではサークル活動に励んでいた・・・
今は就活だけど、仕事に就いてからも今のような活動がしたい・・・
そもそも就活の波に乗らなければいけないのか・・・

就活生の中には様々な疑問が渦巻いていると思います。
今回は、学生時代に国連の国際会議に参加した方々をお招きし、
就職活動や現在の仕事、活動について語ってもらいます。

就職活動に悩んでいる方、
4月からの社会人生活に不安を抱えている方、
将来のことを考える参考にしたい方、
どなたでもお待ちしております!

また、同日13:00-15:00、同会場にて2012年11月~12月に
カタール・ドーハにて行われたCOP18の報告会を実施しております。
お時間ある方はこちらも合わせてご参加下さい!
※同じ申し込みフォームから参加を選択できます。

○日時:2013年1月12日(土)
    15:30~18:00(15:15受付開始)

○会場:東京大学本郷キャンパス14号館2階144教室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_15_j.html

○当日プログラム(予定)
15:15-     受け付け開始
15:30-15:50 オープニング
15:50-16:25 社会人プレゼンタイム①
16:25-16:45 社会人、内定者、参加者の交流タイム①
16:45-16:55 休憩
16:55-17:25 社会人プレゼンタイム②
17:25-17:45 社会人、内定者、参加者の交流タイム②
17:45-18:00 クロージング

18:30- 懇親会(別会場)

<参加予定社会人、内定者>
社会人プレゼンタイム①
内閣府、住友商事、日立製作所、サステナジー、フリーランス

社会人プレゼンタイム②
都庁、丸紅、富士電機、フリーランス
○参加者:80名程度

○参加費:300円(資料代として)
 ※懇親会は各自実費負担でお願いします

○お申込み方法: http://bit.ly/YlZsXc(申込みフォーム)
※上記URLのの申込フォームから必要事項を記載し、お申し込みください。

○お問い合わせ先:Climate Youth Japan
climateyouthjapan@gmail.com

○主催・企画運営:Climate Youth Japan(CYJ)
Climate Youth Japanは、ワークショップ開催、声明文作成、COPへの派遣などを通じて、
気候変動問題に取り組む日本の若者の社会的影響力を高めることで、
将来世代にとって衡平で持続可能な社会の実現を目指す団体です。

※このワークショップは平成24年度年度地球環境基金の助成を受けて実施しています。