温暖化国際交渉を疑似体験!

Facebooktwittergoogle_plusmail

みなさんこんにちは☆ 
メンバーの吉岡 渚です!!

わたしは2013年2月17日におこなわれた環境省の講演会@京都大学に参加してきました!

タイトルは「温暖化国際交渉の最前線~COP18の結果と今後の対応~」でした

単純に「環境省から見たCOP18ってどうだったんだろう、生の声聴きたいな~」と思って参加したのですが、
これと同時に行われた「政策シュミレーション」の内容が
ポスト京都議定書の枠組み作りに挑戦
でした!なんとも興味深い・・・  これはぜひぜひ参加せねば!
というわけで実際に政策をシュミレーション。

 就活生として環境省のイベントに参加した方が大半でした。
 最初に1~2時間ほどCOP18までの交渉内容などを詳しく説明した講演会を行ったあと、4~5人のグループに分かれてひとつ国を決めるというもの。そして2国間での交渉→合意→全体での交渉→合意 という流れでした。

 ちなみにわたしはアメリカグループに属し、インドグループと交渉したのですが・・・
 参加したみなさんなかなか多彩な意見をお持ちで非常に楽しかったです!

たとえば・・・
・先進国は一人あたりGDPによって排出量割り当てを行う
・2020年以降の削減は多段階期間を設けて急激な削減を回避
・環境被害の大きい国を優先して援助を行う
・削減目標の大きい国ほど技術支援が得られる
・これまでの先進国・途上国の分類を改め地理的な分類へ
・排出源セクション別に削減目標を設定
・新興国には削減目標に法的拘束力を持たせる代わりに、先進国は支援目標に法的拘束力をもつ
などなど・・・
もちろんそれぞれの意見には賛否両論なわけですが、普段専門で勉強しているわけではない皆さんからこんなに多様な意見がでてくるのには圧巻でした!

2グループずつ合意したものを下に、6グループ間で類似した意見などをまとめて最後に「新・京都議定書?!」を合意することができたのは素晴らしかったです!

今にも海に沈みそうな国、経済成長を優先したい国、技術・資金的援助を交渉カードにする国、など実際の国際交渉で巻き起こっているような議論がこの場でまさに、疑似体験できました。

国益を超えた地球益の追求、 その難しさと、重要さを改めて実感しました!!

「COP18参加報告会 -COPに行ってきました!Youthの挑戦-」報告

Facebooktwittergoogle_plusmail

こんにちは、CYJメンバーの芝健輔です。


2月9日に京都で、
「COP18報告会 -COPに行ってきました!Youthの挑戦-」を開催しました。
以下、その報告をさせていただきます。


今回の報告会では、
「COPってどんなところ?そこでYouthが感じたもの
「Keep Cool」
の2点を内容に開催しました。

参加者10名程度の報告会で、アットホームな雰囲気で開催することができました。
さらに今回はustreamでの同時中継を実施し、会場にいなくても報告会参加が可能になりました。http://ustre.am//TNIDこちらのURLから視聴が可能ですので、ぜひご視聴ください。


「COPってどんなところ?そこでYouthが感じたもの」
 CYJメンバーがCOP18@ドーハに参加し、日本Youthとして感じてきたことをプレゼン形式で報告しました。そもそもCOPとは何かという説明から始まり、CYJの活動を写真でお見せしながらCOPの中でのYouthやNGOの活動を紹介しました。

 気候変動問題に興味はあるがCOPの存在を知らない方でも、気候変動における国際交渉の現状を理解して頂けるような内容であったと思います。
また参加された方からは、「CYJからの訴え(具体的な削減目標及びその根拠)があるとよいのかも 」というご意見があり、CYJがこれからすべきことも垣間見えた気が致しました。


「Keep Cool」
 今回の報告会では、COPの存在を身近に感じていただくために気候変動における国際交渉を模擬化したボードゲーム「Keep Cool」を行いました。特別な知識がなくても楽しめる内容で、参加者の中からも時に声が上がるほど白熱した雰囲気で執り行うことができました。

 「Keep Cool」内でも国際交渉が上手くいかず、各国の利益を重視した政治を行っている現実世界の現状をゲーム形式で理解していただけたのではないかと思います。
気候変動問題や環境問題に興味を持っておられるYouth世代の方は多くいらっしゃるとは思いますが、その想いを自身の生活のアクションに移すことがなかなか出来ていない現状の方が多いのではないかと思います。そんな方のためのCYJであったり、今回の報告会であったら我々も幸いです。

 我々CYJの目標は、「社会の中で若者が声を上げることにより、気候変動問題の解決を通じた衡平で持続可能な社会の実現を目指します。」というものがあります。今回の報告会に参加された方やこのブログを読んでいただいた方が、この目標を普段の日常の中でふと思い出していただき、少しでも持続可能な社会のための生活を送っていただけることを我々CYJ一同願っております。

CYJ Presents COP18(気候変動問題の国際会議)参加報告会 -COPに行ってきました!Youthの挑戦-

Facebooktwittergoogle_plusmail

□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

CYJ Presents COP18(気候変動問題の国際会議)参加報告会
-COPに行ってきました!Youthの挑戦-        

2013年2月9日(土)10:30~13:30
@京都市東山青少年活動センター ミーティングルームA

申し込みフォーム http://goo.gl/Px7Pp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆□□□

国連の気候変動枠組条約第18回締約国会議(COP18・CMP8)が、昨年末、カタール・ドーハで約2週間にわたって開催されました。

そして、CYJからは5名の若者(Youth)が参加しました!

 ともするとイメージばかりが先行する“国際会議・国際交渉”像。あなたが抱くそのイメージは、はたしてCOPを捉えたものでしょうかが? 今回は、日本Youthが実際に見て、行動するなかで何を感じたことを報告し、さらに、ワークショップを通じて気候変動の国際交渉の複雑さを リアルに体験していただきます!!

気候変動問題、国際会議って一体何なんやろ?Youthでも国際的な活動ができるの?
こんな風に感じている方、大歓迎です☆
ぜひ参加して、国際的な課題に対してYouthのできること、一緒に考えてみませんか?


◆開催概要◆
「CYJ Presents COP18(気候変動問題の国際会議)参加報告会
                                   -COPに行ってきました!Youthの挑戦-」

○日時:2013年2月9日(土)   10:30~13:30(10:15 受付開始)
○会場:京都市東山青少年活動センター ミーティングルームA
〒605-0862 京都市東山区清水5丁目130番地の6(東山区総合庁舎内2階)  
http://ys-kyoto.org/higashiyama/access/
○参加費:500円(資料代として)
※懇親会参加者は各自実費負担でお願いします

○内容(予定)
 ・活動報告「COPってどんなところ?そこでYouthが見たもの」
 ・ワークショップ「Keep Cool!-ボードゲームで学ぶ気候変動国際交渉の難しさ-」

○参加者:先着15名(高校生、大学生・大学院生、若手社会人)
○お申込み方法:http://goo.gl/Px7Pp
※上記URLのの申込フォームから必要事項を記載し、お申し込みください。
○お問い合わせ先:Climate Youth Japan
(担当:武田麻里)takeda.m9@gmail.com

○主催・企画運営:Climate Youth Japan(CYJ)
Climate Youth Japanは、ワークショップ開催、声明文作成、COPへの派遣などを通じて、気候変動問題に取り組む日本の若者の社会的影響力を高めることで、将来世代にとって衡平で持続可能な社会の実現を目指す団体です。

:http://climateyouthjapan.jimdo.com/
:http://cyjclimatenegotiations.blogspot.com/
:https://twitter.com/ClimateYouthJp


※このワークショップは平成24年度年度地球環境基金の助成を受けて実施しています。