2月の活動報告①:イベント「持続可能性を考えてみよう~東京オリンピック・パラリンピックどうなっているの?~」を開催しました。

Facebooktwittergoogle_plusmail

2月11日、当団体主催のイベント「持続可能性を考えてみよう~東京オリンピック・パラリンピックどうなっているの?~」を開催しました。持続可能性とオリンピックをテーマに、ユースからベテラン社会人まで50名を超える方々が集い、理想の東京オリパラ大会像について語り合うなど大変熱気あふれるイベントとなりました!
また当日の企画内容やイベント風景を報告書としてまとめましたので、ぜひご覧下さい。

持続可能性を考えてみよう
~東京オリンピック・パラリンピックどうなっているの?~開催概要

日時:2017年2月11日14:00~17:00
場所:エムワイ会議室高田馬場 RoomAB
主催:Climate Youth Japan
目的:
・持続可能性な五輪と(一過性でなく)大会後の社会像を目指す仲間ができる
・ユースの五輪への思いが大衆に伝わる
プログラム:
・基調講演(WWFジャパン小西雅子氏)
・ユース団体紹介
(学生団体おりがみ、早大学生環境NPO 環境ロドリゲス、生物多様性わかものネットワーク)
・パネルディスカッション
・ネットワーク会議ワークショップ

イベント報告書


イベント報告書の閲覧はこちら

※このイベントは平成28年度の地球環境基金の助成を受けて開催しました。

2016年度 メディア掲載報告

Facebooktwittergoogle_plusmail

本年度Climate Youth Japanは、「Make it Real」や「持続可能性を考えてみよう〜東京オリパラどうなってるの?〜」をはじめとして、省庁・Japan-CLPとの意見交換会や、COP22期間中のサイドイベントの実施など、積極的に活動を展開してまいりました。その際、複数のメディアにて掲載していただきましたので、ご報告いたします。

▽IGESの気候変動総合サイト(2016年11月22日掲載)
COP22サイドイベントの様子

▽しんぶん赤旗(2017年1月7日掲載)


▽日経カレッジカフェ(2017年1月31日、2月7日掲載)


気候変動の今2017(1)
チリで可愛がっていた子牛が心配でたまらないわけ<by 黒田琴絵>
気候変動の今2017(2)
東京五輪をきっかけに「環境に配慮した暮らし」をつくる<by 佐藤姫香>

▽環境省北海道環境パートナーシップオフィス(北海道EPO)(2017年3月1日掲載)
【ESD/ユースの取り組み1】ユースの可能性は無限大。大きな枠組だからこそユースの声が必要。CYJ



私たちの活動を取り上げていただきましたメディアの皆様、誠にありがとうございました。
今後もより一層活動していく予定です。取材のご連絡、心よりお待ちしています。