模擬COP21開催のお知らせ

Facebooktwittergoogle_plusmail

スライド1

日本模擬COPは2015年11月にパリで開催れる気候変動枠組条約のCOP21を模した国際会議です。2015年5月末にパリ政府支援・パリ政治学院主導の下で斬新な新手法を導入した上で大成功したのを受け、8月末に日本で開催する運びとなりました。

Philosophy -フィロソフィー

COP21は深刻化する地球温暖化問題を解決に導くため、2020年に発効させる新たな国際的枠組みを採択し、世界をあげて同問題に取り組む対策を決める会議であり、いよいよ「国際的駆け引き」が本格化してきました。その中、日本は原発停止などの要因から排出ガス削減目標の提出時期が世界の主要国より遅れるのは確実です。日本が国際社会に受け入れられるような目標を提示できなければ、COP21に向けて世界の目が厳しさを増す懸念は高まり、1997年のCOP3における「京都議定書」で勝ち取った「地球環境先進国」という評価を返上せざるを得ない場面が予想されます。日本はまさに「国際交渉の正念場」を迎えていると認識すべき段階にある点を片時も忘れてはなりません。

今回の模擬COP開催にあたっての私たち企画者の思い、それは私たち若者世代が将来的に環境問題を解決しなければならないことを認識・共有し、そのための一大ムーブメントを起こしたいということです。そのために、 日本の大学生が環境問題に関して議論することを通して、地球環境の最重要課題(気候変動)に対しての危機感を抱くこと。実際に議論を行う事で、環境問題に関する議論の難しさを知ってもらい、さらにそこから、自分たちで新しい交渉の方法を導き出すこと。気候変動を和らげる方法を自分達なりに模索し、国際的に提案すること。これらの体験を若者にしてもらう場を作りたい。こうした思いから、本企画を立案しました。

プログラム

8月27~29日
会議

8月30日
採択書発表

8月27日(木)
開会式
ロールコール/ Roll Call
議題採択/ Setting the Agenda
討議開始/ Debate
オープニングスピーチ(各3分)
非着席交渉/ Unmoderated Caucus

8月28日(金)
着席討議/ Moderated Caucus
非着席交渉/ Unmoderated Caucus。以後、交互に行います。
参加者から交渉方法に関して動議があれば考慮します。

8月29日(土)
着席討議/ Moderated Caucus
非着席交渉/ Unmoderated Caucus。採決、調印。必要があれば夜まで行います。

日時

〜選考過程〜

7月10日(金)
募集開始
7月29日(水)
募集締め切り&選考開始
7月31日(金)
参加者確定

プレイベント

●8月7日(金)
「気候変動の今とエネルギーミックス」ー竹村真一先生(文化人類学者)
●8月23日(日)
「社会を指揮するリーダーシップ論」ー木許祐介氏(指揮者)
●8月25日(火)
「気候変動と自然資本会計」ー河口真理子先生(大和総研)

メインイベント

8月27日(木)〜29日(土)
模擬COP 本会議
8月30日(日)
採択文書の発表

場所

メイン  3×3Labo
サブ    COMx TORANOMON

参加資格

①プログラム期間中 大学、大学院に所属する学生であること
②メインイベントの全日程に参加可能であること
③メインイベントまでに実行委員から課されるリサーチ課題をこなせること

参加費

5,000円以内(会場費、宿泊費、食費込み)
※交通費は実費負担
只今、参加費を無料にできる様、スポンサーに対して開催資金を募集中

Leave your comment

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目です。

">
脱炭素という大転換をビジネスチャンスに変える。

2016/11/21
  • 【COY11 Tokyoを実現するために、プロジェクトを立ち上げました!】
    2015/11/20
  • 【報告】COY11/COP21への参加中止について
    2015/11/20
  • Local COY11-Tokyo 実行委員会発足
    2015/09/29
  • 模擬COP21開催のお知らせ
    2015/07/25