COP21 声明文Statement for COP21

Facebooktwittergoogle_plusmail


見出し画像
【声明文提出】
12/4、CYJはCOP21での日本政府の交渉に対し声明文「COP21で『2℃目標達成』を実現可能にする合意の採択を」を発表し、外務省に提出致しました。 以下、要旨。
私たちはCOP21に向けて、以下の6点を日本政府に求める。
【COP21において】
1.「2100年までに世界全体での温室効果ガス純排出量をゼロ」といった世界全体での緩和の長期目標を合意に含めるために努力せよ。
2. 緩和の「測定・報告・検証」プロセスがより長期的に継続し、実効性が高いものとなるよう努めよ。
3. COP21開催中、オブザーバーが意見を積極的に発信することができる環境を整えよ。
4. 積極的で透明性の高い資金・技術移転・能力開発による支援を約束することを通じて先進国と途上国の対立を緩和し、合意を導く役割を果たすことに努めよ。

【国内政策において】
1. 約束草案の2030年削減目標を達成するために、石炭火力発電増設に対して既存の規制を強め、再生可能エネルギー導入の拡大に努めよ。 2. 「2050年に温室効果ガス排出量を80%削減」という閣議決定に整合するよう、現在の約束草案の削減目標を引き上げよ。
本文はこちらをご覧ください。
ダウンロードCYJ声明文




見出し画像
【声明文提出】
12/4、CYJはCOP21での日本政府の交渉に対し声明文「COP21で『2℃目標達成』を実現可能にする合意の採択を」を発表し、外務省に提出致しました。 以下、要旨。
私たちはCOP21に向けて、以下の6点を日本政府に求める。
【COP21において】
1.「2100年までに世界全体での温室効果ガス純排出量をゼロ」といった世界全体での緩和の長期目標を合意に含めるために努力せよ。
2. 緩和の「測定・報告・検証」プロセスがより長期的に継続し、実効性が高いものとなるよう努めよ。
3. COP21開催中、オブザーバーが意見を積極的に発信することができる環境を整えよ。
4. 積極的で透明性の高い資金・技術移転・能力開発による支援を約束することを通じて先進国と途上国の対立を緩和し、合意を導く役割を果たすことに努めよ。

【国内政策において】
1. 約束草案の2030年削減目標を達成するために、石炭火力発電増設に対して既存の規制を強め、再生可能エネルギー導入の拡大に努めよ。 2. 「2050年に温室効果ガス排出量を80%削減」という閣議決定に整合するよう、現在の約束草案の削減目標を引き上げよ。
本文はこちらをご覧ください。
ダウンロードCYJ声明文

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *