【環境省・経産省×わかもの 意見交換会実施!!】
【環境省・経産省×わかもの 意見交換会実施!!】

Facebooktwittergoogle_plusmail

こんばんは、アドボカシーチームです!
報告が大変遅くなりましたが、 10/21(金)に私たちは霞ヶ関にて、環境省・経済産業省の方々と意見交換会をさせていただきました!!

なぜ、今回私たちが省庁の方々と意見交換会をさせていただいたかというと…
・将来を担う重要なステークホルダーである若者ならではの意見や望む未来
・気候変動に対して危惧を抱き、真剣に考えている若者がいること
・省庁に対する若者の期待
を知ってもらいたい、また、
・若者の活動と省庁の政策が相互作用し、より効果的なムーブメントにするためにはどうすれば良いかを探りたい
・若者ならではのアイデアを提案したい
という想いがあったからです!

こんな想いを胸に、省庁意見交換会の準備をみんなで進めてきました。

そして迎えた意見交換会当日…
どきどきしながらいざ入館!
両省とも、とても和やかな雰囲気で迎え入れてくださいました(*´ω`*)


〇経産省の方々とは
1. 若者の気候変動・エネルギー政策策定プロセス(例. 委員会)への参加の可能性
2. 2017 年のエネルギー基本計画策定時における「国民的議論」の可能性
3. 日本のエネルギー政策
について議論をさせていただきました!

〈成果〉
1.と2. に関して、
現時点では経済産業省側からの動きはなく、制度化の可能性も低いが、
①委員の方に意見を提出→委員の方が委員会で代弁
②資源エネルギー庁の委員会運営側に交渉
  →青年・国民の意見の取り入れ
の2つの可能性が確認できました!!


〇環境省の方々とは
1. 若者の気候変動・エネルギー政策策定プロセス(例. 委員会)への参加の可能性
2. 中期目標( 2030 年までに温室効果ガス排出量-26%)の妥当性
3. 日本におけるカーボンプライシングの導入
4.環境人材育成(例. Youth Delegate Program)
について議論しました!

〈成果〉
1. については、
審議会の委員は法令で、「学識経験のある者を任命する」と定められており、年齢層を代表する意見を聞くという趣旨で委員を選んでいるわけではない。しかし逆に言えば、若くても学識経験者であれば任命できるため、そうした若い学識経験者に議論に参加してもらうことは望ましいことだという回答をいただき、
4.の議論では、
Youth Delegate Program についての今後の検討課題の確認ができました(^^)


以上を見てみると分かるように、今回の意見交換会では今後の活動として発展させられることを多く得ることができました。
具体的には…
①委員会で意見を代弁してもらうために委員の方に意見を提出   
②青年・国民の意見を取り入れてもらうために、資源エネルギー庁の委員会運営側に交渉 
③Youth Delegate Program のメリット・デメリットを比較し、政府にとっても若者にとってもプラスになるような案の提案
です!

私は今回の意見交換会で、このように次につながるような成果を得られたことをとても嬉しく思います(^^)
また、問題の解決のためには自分たちの要望を伝えるだけでは不十分で、自分たちに何ができるかを考えて自ら動かなければいけないということにも改めて気づかされました。
今後、気候変動の解決に向けてCYJの活動が大きく前進する予感です…!

さて、この意見交換会を通してパワーアップしたCYJが今後どのように活動を展開していくのか、
みなさんお楽しみに!!

*提言書を添付しておりますのでご興味のある方は是非読んでみてください!
0byjdjazlgxthnhbpsfk2dnzhwjq

お忙しい中、お時間をとって意見交換会に応じてくださった環境省・経済産業省の皆様、ここに厚くお礼申し上げます。

%e3%81%82

%e3%81%84

%e3%81%86

%e3%81%88

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *