2月の活動報告②:自然エネルギー財団大野氏と意見交換会を実施しました。

Facebooktwittergoogle_plusmail

2月27日、自然エネルギー財団常務理事の大野輝之氏と意見交換会を実施しました。
大野氏は東京都環境局長を務められたご経歴をお持ちで、在任中に国に先行した「総量削減義務と排出量取引制度(キャップ&トレード制度)」の導入にご尽力されました。また環境省の元に設置された中央環境審議会地球環境部会長期低炭素ビジョン小委員会の委員も務められており、昨年11月には第9回委員会にて当団体のプレゼンもご覧いただいています。
こうした大野氏のご経験を踏まえ、今回の委員会では日本の長期的な排出削減目標やエネルギー計画、またキャップ&トレードを始めとするカーボンプライシング(炭素価格付け)を中心に意見交換しました。
この度ご対応いただいた大野氏、また意見交換会開催にご尽力いただいた藤野氏に、この場をかりて厚くご御礼申し上げます。

自然エネルギー財団大野氏×CYJ意見交換会 実施概要

日時: 2017 2017年 2月 27 日(月) 18:30~20:00
場所:自然エネルギー財団オフィス 会議室「 WIND WIND」
対応者:大野輝之(自然エネルギー財団常務理事)
紹介者:藤野純一(国立環境研究所/地球環境戦略研究機関)
参加者:佐藤媛香、 黒田琴絵、新荘直明、松本健太、吉村達朗、服部拓也、井関将人
(以上、 Climate Youth Japan7名)
内容要旨:
1. 長期低炭素ビジョン、エネルギー基本計画
2. カーボンプライシグ
3. 化石燃料の今後リスク
4. 水素社会の是非
5. ユース参画

開催報告書


開催報告書の閲覧はこちら