COP20 声明文Statement for COP20

Facebooktwittergoogle_plusmail


lima-cop-20
平成26年11月、COP20(リマ,ペルー)の議論に関連して声明文を、環境省、外務省、経済産業省へCYJとCCWGが共同で提出しました。 ・CYJ声明文「COP20を通じて、将来リスクを見据えた実効力のある貢献を~Road to Paris~」 ・CCWG声明文「気候変動対策リーダーとしての日本へ」
以下、CYJ声明文の概要です。
———————————————————————————–
私たちは、日本政府に求める
1. ワークストリーム1/ 日本政府は2020年以降の新しい枠組みにおける目標を早期に提出し、国際的な議論からの遅れを取り戻すべきである:
2.ワークストリーム2/ 日本政府は2020年までの行動を見直し発展途上国とともに国内の政策によって平衡で持続可能な社会 への貢献の在り方を探るべきである:
声明文全文はこちら↓
ダウンロード
CCWGの声明文全文はこちら↓
ダウンロード
————声明文提出の様子 & 全体写真————
平成26年11月7日 環境省へ声明文提出
COP20_Statement_ministry of Enviroment
ME
平成26年11月7日 外務省へ声明文提出
COP20_Statement_ministry of Foreign Affairs
MFA
平成26年11月7日 経済産業省へ声明文提出
1452114_759241300777660_7542724109907240332_n  
METI

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *