2月の活動報告②:自然エネルギー財団大野氏と意見交換会を実施しました。

Facebooktwittergoogle_plusmail

2月27日、自然エネルギー財団常務理事の大野輝之氏と意見交換会を実施しました。
大野氏は東京都環境局長を務められたご経歴をお持ちで、在任中に国に先行した「総量削減義務と排出量取引制度(キャップ&トレード制度)」の導入にご尽力されました。また環境省の元に設置された中央環境審議会地球環境部会長期低炭素ビジョン小委員会の委員も務められており、昨年11月には第9回委員会にて当団体のプレゼンもご覧いただいています。
こうした大野氏のご経験を踏まえ、今回の委員会では日本の長期的な排出削減目標やエネルギー計画、またキャップ&トレードを始めとするカーボンプライシング(炭素価格付け)を中心に意見交換しました。
この度ご対応いただいた大野氏、また意見交換会開催にご尽力いただいた藤野氏に、この場をかりて厚くご御礼申し上げます。

自然エネルギー財団大野氏×CYJ意見交換会 実施概要

日時: 2017 2017年 2月 27 日(月) 18:30~20:00
場所:自然エネルギー財団オフィス 会議室「 WIND WIND」
対応者:大野輝之(自然エネルギー財団常務理事)
紹介者:藤野純一(国立環境研究所/地球環境戦略研究機関)
参加者:佐藤媛香、 黒田琴絵、新荘直明、松本健太、吉村達朗、服部拓也、井関将人
(以上、 Climate Youth Japan7名)
内容要旨:
1. 長期低炭素ビジョン、エネルギー基本計画
2. カーボンプライシグ
3. 化石燃料の今後リスク
4. 水素社会の是非
5. ユース参画

開催報告書


開催報告書の閲覧はこちら

2月の活動報告①:イベント「持続可能性を考えてみよう~東京オリンピック・パラリンピックどうなっているの?~」を開催しました。

Facebooktwittergoogle_plusmail

2月11日、当団体主催のイベント「持続可能性を考えてみよう~東京オリンピック・パラリンピックどうなっているの?~」を開催しました。持続可能性とオリンピックをテーマに、ユースからベテラン社会人まで50名を超える方々が集い、理想の東京オリパラ大会像について語り合うなど大変熱気あふれるイベントとなりました!
また当日の企画内容やイベント風景を報告書としてまとめましたので、ぜひご覧下さい。

持続可能性を考えてみよう
~東京オリンピック・パラリンピックどうなっているの?~開催概要

日時:2017年2月11日14:00~17:00
場所:エムワイ会議室高田馬場 RoomAB
主催:Climate Youth Japan
目的:
・持続可能性な五輪と(一過性でなく)大会後の社会像を目指す仲間ができる
・ユースの五輪への思いが大衆に伝わる
プログラム:
・基調講演(WWFジャパン小西雅子氏)
・ユース団体紹介
(学生団体おりがみ、早大学生環境NPO 環境ロドリゲス、生物多様性わかものネットワーク)
・パネルディスカッション
・ネットワーク会議ワークショップ

イベント報告書


イベント報告書の閲覧はこちら

※このイベントは平成28年度の地球環境基金の助成を受けて開催しました。

2016年度 メディア掲載報告

Facebooktwittergoogle_plusmail

本年度Climate Youth Japanは、「Make it Real」や「持続可能性を考えてみよう〜東京オリパラどうなってるの?〜」をはじめとして、省庁・Japan-CLPとの意見交換会や、COP22期間中のサイドイベントの実施など、積極的に活動を展開してまいりました。その際、複数のメディアにて掲載していただきましたので、ご報告いたします。

▽IGESの気候変動総合サイト(2016年11月22日掲載)
COP22サイドイベントの様子

▽しんぶん赤旗(2017年1月7日掲載)


▽日経カレッジカフェ(2017年1月31日、2月7日掲載)


気候変動の今2017(1)
チリで可愛がっていた子牛が心配でたまらないわけ<by 黒田琴絵>
気候変動の今2017(2)
東京五輪をきっかけに「環境に配慮した暮らし」をつくる<by 佐藤姫香>

▽環境省北海道環境パートナーシップオフィス(北海道EPO)(2017年3月1日掲載)
【ESD/ユースの取り組み1】ユースの可能性は無限大。大きな枠組だからこそユースの声が必要。CYJ



私たちの活動を取り上げていただきましたメディアの皆様、誠にありがとうございました。
今後もより一層活動していく予定です。取材のご連絡、心よりお待ちしています。

【終了】持続可能性を考えてみよう
〜東京オリパラどうなってるの?〜

Facebooktwittergoogle_plusmail

東京オリンピック・パラリンピック(オリパラ)の開催が注目される一方、あなたは「持続可能性」の観点からオリパラを考えたことがありますか?

今回開催するイベントでは、過去のオリパラの持続可能性に関する取り組みと東京オリパラの現状について、実際に組織委員会やプロジェクトに関わられている方々からお話を伺います。また後半はワークショップを通して東京オリパラの理想像を描き、それに近づくために私たちにできることを考えます。

あなたは東京オリパラにどんなレガシーを残したいですか?
この機会にぜひ一緒に考えてみましょう!

16114358_1215359618499157_1082915611670033816_n

——————————————————————————————
持続可能性を考えてみよう
      〜東京オリンピック・パラリンピック、どうなってるの?〜
——————————————————————————————

【日時】 2月11日(土)14:00-17:00 (13:30受付開始)
【場所】エムワイ会議室高田馬場 RoomA,B
東京都新宿区高田馬場1-29-9 TDビル3F
【アクセス】
JR山手線・西武新宿線「高田馬場」駅 戸山口 徒歩2分
東京メトロ東西線「高田馬場」駅 5番出口 徒歩5分
【申込先】https://goo.gl/8OAWm9
【参加費】学生無料、社会人500円
【主催】Climate Youth Japan
【web】http://climateyouthjapan.org
【問合わせ先】info@climateyouthjapan.org

【プログラム】※現時点での予定であり、変更の可能性があります。
①基調講演
現在東京大会の組織委員会に関わられ、過去大会の取り組みについても見識のある有識者より、オリンピックとサステナビリティ(持続可能性)の関係についてお話を伺います。
講師:小西雅子氏(WWFジャパン 気候変動・エネルギープロジェクトリーダー、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会内専門委員会委員)

②パネルディスカッション
オリンピックや持続可能性に関わる活動を展開しているユース団体が登壇し、理想の東京大会像やオリンピックと持続可能性の関係について議論します。
<登壇予定団体・登壇者>
・小西雅子氏
・藤野純一氏(IGES、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織員会内専門委員会委員)
・早稲田大学学生環境NPO 環境ロドリゲス(都市鉱山メダルプロジェクト参与団体)
・生物多様性わかものネットワーク
・オリンピック学生団体おりがみ
・Climate Youth Japan(CYJ) オリンピック事業部
ファシリテーター:清水イアン氏(350.org Japan)

③ワークショップ「東京オリパラ大会へ向けたユースネットワーク会議(準備回)」(※ユース限定)
これまでの講演内容を踏まえ、参加者同士でオリパラへの期待や思いをシェアしながら、それらを具現化するためにできることがないかを他の参加者と一緒に考えます。ぜひみなさまが日頃から取り組まれている活動経験などとつなげて、ユースが連帯してオリンピックの持続可能性にコミットする方法を話し合いましょう。

<CYJのオリンピック・パラリンピック事業について>
CYJでは昨年より、2020東京オリパラを東京・日本の将来に大きな影響を与える契機として捉え、将来世代である若者目線での意見発信やステークホルダーとしての参画を目標に事業を進めています。