不動産登記って一体何?種類についてご紹介

不動産売買などの時に「登記」という言葉をよく耳にしますよね。
しかし多くの方にとって不動産売買はそう身近なものではありませんから、「登記」の意味をご存知ない方のほうが多いのではないでしょうか。
そこで今回は、登記の意味や申請が必要な理由などを詳しく解説していくことにしましょう。
ぜひ参考にしてください。

登記とは

登記とは、簡単に言うと「自分の持つ重要な権利を法的に広く公示する」ことです。

ご自身が何かを持っているという事実は、基本的には自己申告で信頼性を担保するか、持ち歩くことで所有の証とするしかありません。
しかし家や土地は持ち歩けませんし、非常に大きな物品ですから自己申告に頼ってはトラブルの元になります。

「登記」をすると国が一括して持ち主の情報を管理できますので、諸手続きの際に揉めることもなく、安心して取引ができます。
土地や家などの情報も登録されるため、土地や家の状態を証明する際にも役立つでしょう。

いろいろな「登記」がある

一般的には登記というと不動産登記を連想する方が多いと思います。
しかし、実は登記にはいろいろな種類があります。

・不動産登記
・商業登記
・法人登記
・動産譲渡登記
・債権譲渡登記
・成年後見登記

一般の方に馴染みが深いのは、やはり「不動産登記」だと思います。
商業登記や法人登記などは会社経営に携わる方以外には触れる機会がほとんどないかもしれませんが、不動産以外にも色々な登記があるということは知っておくと良いでしょう。

申請の方法は?

登記は、必要書類をそろえた上で法務局で手続きをすれば申請可能です。
しかし申請の際は不動産や会社の情報書類も不備なく提示しなくてはならないため、初めて登記を行う方にとっては非常に煩雑な手続きが必要です。

不備なく登記申請を行うには、ぜひ司法書士の手を借りてください。
司法書士事務所では登記の申請を依頼できるだけでなく、登記に関しての不明点なども教えてもらうことができます。
登記申請において迷うことがある場合も頼りになりますので、気軽に依頼してみてください。

登記簿申請について詳しく知りたい方はコチラの記事をどうぞ☟

不動産登記の申請方法とは?専門家に任せると安心家や土地などの所有を主張する時には「登記」を行いますが、所有者を明示するためにどうしてわざわざ申請が必要なのか、疑問に思う方もいるのでは...

登記簿謄本(登記事項証明書)は誰でも取得可能

登記された不動産や法人の登記簿謄本を閲覧したい場合は、特に難しい手続きは必要ありません。
法務局で申請するか、オンラインで請求することによって、数百円程度の手数料で誰でも閲覧することができます。
不動産取引などで土地の情報を確認したい時は、ぜひ取得申請を行ってください。

地域別情報

東京都

動物病院 コンサルタントであれば、全国のペットクリニックの経営を支援している「税務会計グスク」があります。

これまで携わってきた豊富な経験の中から的確なアドバイスを行い、動物病院の経営についてコンサルタントと共に経営を見直すサポートを行っています。

どのような些細な悩みにも真剣に向き合う丁寧な対応力、問題解決や経営アドバイス・ノウハウの提供で、トータルに業務支援を行ってきた実績があります。

日本全国のペットクリニックを対象としているので、場所を気にせずお問い合わせされてみてください。

■会社名
税務会計グスク
■住所
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-46-13 ホリグチビル801号
■電話番号
03-6907-0130
■定休日
土・日・祝(事前予約で休日も対応可能)
■HP
https://gusuku-tax.com/

まとめ

登記という言葉を聞くと難しいもののように感じる方も多いかもしれませんが、「所有権を明示する」というだけのことですので、特に難解なことはありません。
大切な不動産や法人の持ち主として、ぜひしっかりと手続きを行ってくださいね。